2021/1/8

「東京歌壇」掲載  毎日歌壇他

東京のコロナは年末から激しい勢いで、とうとう2000人越えという感染数を出して緊急事態宣言ということになりました。基礎疾患を持つ老人二名の我が家も冷や冷やしながら暮らしています。医療機関のお休みな間も心配でしたが、日大のコロナ禍も終息には時間がかかるらしく、この状態は三月ごろまで続くのだろうという気がします。
このところ太平洋側はカラカラ天気で、外も寒いし運動なんて考えずに家にこもっているのがいいのだろうと思っていますが、季節らしい花や木を見ることも無いのが歌詠みにはつらいことです。(昨日ポストまで行く途中で、広場のモクレンの花芽が小さく白く光っているのを見ました。だんだんに膨らむことでしょう)

去年の最後の日曜日12月27日に「東京歌壇」東直子選で三席にとって頂きました。
東京新聞の投稿を初めてじきに佐佐木幸綱さんに取られたのですが、若い人の多い東直子さんには(挑戦だと思っても)なかなか取られないかなと思いつつ、がんばろうと続けていました。だから意外と早かったという気もしました。

口紅は薄い桃色まだ顔の輪郭がしっりしている内は   河野多香子

私はずっと口紅はピンク系でしたが、三年ぐらい前から写真写りが悪くて赤い色に変えました。(今はマスクをしているので、関係ないのですけど)年を取ると顔の輪郭がぼわっとなって、眉なども引かないとうす呆けるし、口紅もしっかりしなければだめなのだなあと思ったものです。この歌はその感慨のひっくり返しを詠んだのです。60代の歌ですね。東様ありがとうございました。
5

2021/1/1

謹賀新年 N短1月号の佳作  NHK短歌

皆様あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。こころからそう思うのに空しいほどのコロナの社会です。せめてこれほどの疫病から新しい社会、新しい文化が出てきますようにと祈っています。

あらたまのライブカメラの富士山に雪の白さはただ清しくて   多香子

*************************************************

昨年の「NHKテキスト」一月号で松村正直選「羊、未」で佳作に掲載されました。

会いたいと数え続ける夜の中顔だけ黒い羊で埋まる   河野多香子

お正月用の歌ではないし、干支も違いますが一月号なので。顔の黒いひつじは実際にいて私は大好きなので山梨の観光牧場まで会いに行ったこともあります。この歌の場合は「顔だけ」が黒いってなにか顔が分からない事を表しているような気もしますね。って自分の歌なのにどういうことで詠んだかもわからなくなっている・・・こういうの歌が下りてくるというのかな、という経験を何度かしています。
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ