2021/2/26

秀歌(97)蒔田さくら子「角川」一月号より  秀歌読みましょう

この「秀歌読みましょう」の記事の初めの方から蒔田さくら子さんのお歌を引かせてもらって、何回か書いてきました。今はもう新聞選者も「短歌人」の委員も引かれて、今年93を前にしてなお背筋のすっと通った歌を詠んでいられる歌人です。
ご主人が亡くなったとき「寂しい、寂しい」と言っていたのがじきに立ち直って、写真で拝見する限り以前と変わりないお姿なのは嬉しいことです。角川の一月号は毎年「新春歌人大特集」なのですがなかでも蒔田さんのお歌が私は好きです。巻頭12首から六首を引きます。

「歩一歩」

天翔けるつばさは望まず残りたる時を歩一歩かく踏みゆかむ

「椿姫」の前奏曲が好きといひし可愛少男(えおとこ)ありき七十年昔

あんな時代もあつたねなどと語りあふ時代をともにせし人らなし

餌くるる人かへりしとすずめどち噂をするか三羽きて待つ

窓ごしにゐるかゐないかのぞきゆく目ありすずめのちさく黒き目

後ろ二首はご自身の入院後家に帰ってのスズメたちの様子で、間にベランダを掃く歌が出て来るので、マンション暮らしと推察される。私も今は雀に餌をやっているので楽しい歌です。
8

2021/2/19

去年今年  

コロナに「失言問題」そこへ東北の地震とか、日本列島大丈夫か。お気楽なマスコミにも失望しています。

去年の二月は主人の手術(失敗と書くとみんな笑うけれど)から二度目の入院でほぼつぶれ、その間にプリンセス号のコロナ騒ぎを毎日テレビ画面に見ていました。医師たちは「コロナより院内感染のほうが怖い」と言ってコロナはまだそのあたりにはいないものと思われていたみたい。主人が退院して三月四月とあれよあれよとコロナが広まり、緊急事態宣言、主人の外来診療もおっかなびっくりという感じに二ヶ月に一度の割合になりました。

12月に病院の入院階でクラスターが出たとホームページに出た時は主人の入院時でなくてよかったという思いでした。主治医は内科の医師はPCR陰性だったからねと言いました。
無我夢中というのか、一年がすごく早くて思い返せばそうだったとなるけれど、いざ罹ったら家はどうなるという気持ちからピリピリ暮らしました。それでもどこかに慣れと言うものはあって、

つんつんと余分に伸び行く車輪梅あそこはコロナの病院の垣根  (多香子)

こんな歌を歌会にだしたことがありました。写生ではあったけど後から考えたらこれも「誹謗中傷」になりかねない歌だなあと考え直したのです。自分では病院の裏口から出て、植え込みを写生したもので悪意はないのだけれど、SNSで「場所特定」とか「犯人はこいつ」などとさらし上げをするような感じにも取られかねませんね。

暮れから感染者の急増、一月の緊急事態宣言の二度目の発動、わあ凄いなあという思いなのだけど去年の緊張感に比べると「あきらめ」の気持ちが強いような気がします。この18日に外来の予約日で病院に行きました。お医者は「心臓、腎臓は悪いなりにおちついているから、よかった、よかった」と言って、二ヶ月後の予約をとり、薬を出してくれました。「コロナが落ち着いたら、って言ってもねえ・・・」とワクチン接種の進行に疑問をもっているみたいでした。
6

2021/2/12

路面電車「都電」の思い出  

路面電車というと、函館の市電から松山の「坊ちゃん電車」、京福電鉄嵐山線、岡山、広島長崎と全国ではまだ17路線もあるらしい。私にとっては「都電」と呼んでいた一両のチンチン電車がなつかしいけれど、唯一残っている「都電荒川線」はなんだか新しい電車のような気がしている。小金井の「東京建物園」に展示されている昔の黄色い電車をみるとわあーっと思ってしまうのに。

私の子供の頃(戦後数年後には)都電は23区内を縦横に張り巡らされていた。小二まで上野にいたので、四谷の叔母の幼稚園に泊りがけで行くときには、根津から池之端まで行って乗り換え、また須田町で乗り換えて四谷本塩町まで三本を使ったと思う。乗り換え運賃はなくて、全線一律料金だったと思う。都電にはコースごとに番号があって「何番電車」に乗ると呼んでいた。ずいぶん行先と番号を覚えていたのだけど、このごろあれッというほど忘れてしまったのは哀しい思いだ。

神田に引っ越してからは靖国通りを走っていた都電で、銀座でも(新橋行)四谷でも(新宿行)一本で行かれたから、叔母の家には子供だけで行くことが出来たけど、当時の都電は凄く混んでドアが閉まらないなどという事もあり、親は運転手さんに運賃を渡し「どこそこまでお願いします」と言って運転席の傍に乗せてもらったものだ。と言ってそのスペースは運転席のしきりはなくて、金属の棒が一本かけてあるだけのところだった。私は小学生だったからそこではなくて、弟がそこにいれてもらっていた。私でも都電の運転は面白いと思ったぐらいだから、弟は大層嬉しかったに違いない。それでもいたずらもしないで、おとなしく運転を眺めていたから問題にもならなかったが、その後の時代だったら禁止事項だったのではと今になって思う。

都電は私が大学に行っているときまでは走っていた記憶があるので、高度成長の昭和40年代に徐々にバスに替わって行ったのだと思う。(地下鉄も大分出来ていたし)

夢の夜は母の笑顔に会いに行くちんちん電車に乗ってあの日へ  多香子
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ