2021/4/30

「NHK短歌」テキスト五月号佳作  NHK短歌

緊急事態宣言(でなくてもどうせ出かけないつもりでしたから)でゴールデンウィークの楽しみも、家でやるクイズやイラストロジック、主人は「数独」くらいです。
コロナの不況で、テナントさんが二件出るので、リフォーム屋さんがはいったり忙しいことは忙しいです。(リフォーム屋さんの兄ちゃんがいい人なんで、彼が来るのは嬉しいことです)一件はもう次の人が決まってやれやれです。
東京はオリンピックやれるのかということが感染数を少なくしているのではと思われますが、関西はそういうことがないので火が燃え盛るような感じですね。皆様ご自愛ください。

             *********************

20日発売の「NHKテキスト」五月号で「胸キュン」の栗木京子選に一首佳作でした。

病得てやせた夫を太らせたいダイエットのテレビ背中で聞いて  河野多香子

普段は心象詠や社会詠が多いのですが、これはそのままの日常詠です。主人はたんぱく質制限で、砂糖、油は良いのですがなかなか太れないでいます。(私はコロナ太りですが)すこし歌にふくらみが少ないなあと思いますが、現実の生活はコロナ下でぎすぎすしているので、それが反映しているのかもしれません。栗木さんの胸キュンもこれが最後です。次号からは佐伯さんですが、N短の第四週となるみたいです。
7

2021/4/23

「毎日歌壇」掲載  毎日歌壇他

やっぱりコロナは第四波となって、もうなんだか分からない状態です。年寄りは「ワクチンどうする」なんて言い合っているけれど、絶対量が届くのかどうかわからないで医療従事者の接種も終わっていないのだから、私は何にも考えていません。
木曜日に主人と病院の外来に行って、検査結果は変わらないからと二ヶ月後の予約が取れましたが、「先生たちのワクチンは?」と聞いたら医師は「来週やっと接種が決まりました」ということでした。三回目の宣言が出ても街には働く人があふれています。

             *************

4月13日の「毎日歌壇」米川千嘉子選で掲載されました。今年はいろいろあって、新聞投稿はこれが初日です。各新聞の選者が年末年初の日程とコロナの影響か、選歌に時間のかかる方、いつも通りの方などさまざまなようです。これは2月16日に出したので、二ヶ月ほどかかっているみたい。

十年のスタンプのように震災の恐怖押し寄す如月の夜  河野多香子

2月13日の夜、フクシマ沖の地震で、東北は震度6の処もあり東京もかなり揺れました。あの東日本大震災から丁度十年とテレビなどでも特集を組むというときでしたから、記念ひと揺れならともかく何かの予兆ではないかとか恐ろしい思いをしました。その後で降ってくるように出た歌です。米川様ありがとうございました。
6

2021/4/16

道潅道の桜  

今年は三月からとても暖かく、予報通りに桜が咲いて散ってしまった。北の丸公園は八重桜もきれいなのだが、オリンピックのために武道館の横に大きな休憩所を作ったので、八重桜がごっそり無くなってしまった。仕方がないので四日の日曜に家の近くの「道潅道(どうかんどう)」に行って見たら、いつも25日ぐらいに満開の八重桜が丁度見ごろで人気も無くてとてもきれいだった。

この桜は「駿河台におい」という匂い桜で、駿河台に因む花ということで50mぐらいの片並木に植えられて木も大分大きくなってきたものだ。
主人は心臓のほかに腎臓の機能も落ちてしまったので、あまり速足でない「散歩」が良いと医師も言うので(と言って混んだ道はだめだし)時々二人でほんの少しの散歩をしている。花に遅れまいとすると疲れるので、出かけて丁度よかったら儲けものという気持ち。

八重桜を堪能しながら見回すと向かい側の大会社の植え込みは山吹が今を盛りと咲いているではないか。この道の反対側には「太田姫神社」があってその境内の山吹は切りすぎて小さくなってしまったが、そこから派生したこちらの山吹は中々に育ったと感心した。

七重八重花は咲けども山吹のみのひとつだになきぞ哀しき  作者不詳

この歌の話はブログの前の方に書いたので(こちら)を読んでいただければ。この駿河台は「山吹の里」ではなく、太田道灌の屋敷跡に近いということらしい。そのためこの道を道潅道という事だ。山吹も散ると、あたり一面躑躅になるが私は躑躅が好きではない。

八重桜強い心の両手にはお前まるごと抱いていようぞ   多香子
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ