2021/4/9

「四月の歌」  短歌

関東の緊急事態宣言が解除になったと思ったら、関西や東北で感染が増えて「蔓延防止等なんたら」というものが出ることになった。東京も一度解除して数字をいじっている様子だったが、やっぱり「蔓延防止措置」をだすことになりそうだ。だんだん暖かくてマスクも蒸れる季節にいやだなあと思いながら、当分旅行もお預けと覚悟は決めた。(新幹線は換気が良いと言っても、何時間かマスクのまま座っているのは辛いから、遠くには行かれない)四月の歌はそんな気分を纏めてみた。

「どこも行けない」

春色の薄いピンクの爪をたて今年生まれの子猫があゆむ

菜種梅雨 いつしかボタンの掛け違い今朝のけんかを悔やむ昼すぎ

花曇り、水色の空をみたいから植木市にて買うフリージア

草原に野焼きの煙ただよえば揺れるだれかの黄色いリボン

通勤の駅のポスター紀州路のタマ駅長にあいたくて 喪

中指で口紅なおしもう一度鏡にむかって「わたしは綺麗」

廃線の駅のホームにひとり居て雲雀上がるを眺めていたい


五首目のたま駅長は随分前に死んで、二代目が就任したはずだけど、駅名も忘れてしまった。人気(ひとけ)のないところではマスクもはずしてボーっとしていられるのだろうけど、そこまでどうやって行くのだろう。車をやめてしまった家では公共交通に頼らざるをえないので。
7

2021/4/2

短歌講座終了  

竹橋の「短歌講座」が開講五年で坂井米川先生の担当は終了という事になり、3月23日が最終日でした。坂井先生のご都合によるものでしたが、コロナに依って去年は休講期間もあり、今年の緊急事態宣言中は通信に切り替えて対面の歌会、講義も少なかったりしました。この日先生とも皆様とも久々に顔を合わせられて嬉しかったです。

私は母の死後遅れて参加させていただいたのに、大きな顔をして切り回しをしたり「歌集」上梓の後は「批評会」を開いていただいたり楽しい時期をすごさせていただきました。
カルチャーというのが初めてだったのに、ちょっと特殊なクラスで、立派な先生に歌歴のある人たちが集まって高度な会を重ねていました。終わってしまって残念なのですが、私自身コロナ禍の社会で会社の仕事や主人の病気などで大分くたびれてしまったところがあります。

これからは少しゆっくりといつも思いながらすぐ走り出すのは、年を取った証拠かもしれません。(主人も体が回復して来たら、やたら目の前のことをかたずけてしまおうとするのもそうなのかも。)先生も「コロナが落ち着いたら、お食事やお茶会をしましょうね。河野さんきっと開いてね」と言って下さったので「来年になるかもしれないですが必ず」とお約束しました。両先生には本当に感謝の気持ちばかりです。その日の歌会に出した歌、挨拶歌ですので掲載いたします。

キャサリンだオードリーだと声高し楽しかりしよ短歌教室   多香子
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ