2015/11/27

「毎日歌壇」掲載  毎日歌壇他

暖かい秋からもう暖かい冬になるのだか、湯島の菊祭りも一度も見ないで過ぎました。銀杏の黄葉はすぐ近くでも並木があるのですが、今年は陽当たりによって遅いようです。東京の紅葉は12月と言いますが、きゅっと締まった寒さが来ないと、紅葉の赤は出てこないのではないかと思います。

この前特選をいただいてから、ずっと採られなかったので(もういらないよ)と言われたようなやるせなさに憑りつかれつつ、だんだん日常の生活がきついので、淡々と出していればいつかまたと思っていました。
でも背中が痛かったり肩がガチガチになったりすると、いいことがあったら半分ぐらい背中も軽くなるのに、とぼやいていました。
そして23日付「毎日歌壇」米川千嘉子選に採って頂きました。正直嬉しいことです。歌は

淋しくて回転木馬に乗り込めば同じところできらめく東京 河野多香子

米川さんは早稲田短歌から「かりん」で馬場あき子に師事して「かりん」編集委員。現在56歳ぐらい、1985年、第31回「角川短歌賞」2013年、歌集『あやはべる』で第47回迢空賞を受賞というのは、若くて実力を認められたということでしょう。御主人は同じ「かりん」の坂井修一さん。理系の東大の先生で私がN短でとって貰いたくて、現代短歌の勉強を始めた基になった方です。

少し背中の痛みを忘れることが出来るでしょう。米川さま、ありがとうございます。
6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ