2016/1/29

秀歌(60)佐伯裕子 「角川」十首詠より  秀歌読みましょう

佐伯裕子さんは「未来」に選歌欄をもつ歌人で、東京生まれ学習院卒で近藤芳美の弟子という諸々の事より、今はNHK短歌の「胸キュン」の選者としてみんなに知られているのではないだろうか。私は歌集はまだ読んだ事がないが、「未来誌」や角川、N短テキストなどで読んでいると肌合いが東京人という感じで、好きな歌人である。
角川「短歌」去年の11月号の十首詠から五首を引く

「寝ころんでみる」

子を真似て寝ころんでみる胸のうえ過ぎゆく風にふと覚えあり

寝ころべば見えわたる空きらきらと今日この窓は空の中心

四囲は草 とり残される子とわれの頭上にぽかっと雲の浮きおり

雑草の騒立ちやまぬ戸のめぐり何処にでも在る不幸が匂う

郵便配達研修に行く子の背中 世間は恐くてただ懐かしい

おもしろいというか、不思議な空間の広がるお歌と思った。初めにも子供が郵便配達の制服を着ていくという歌があり、多分息子さんのことであろうと思われる。以前から私性と虚構の論争などがあるが、そういう歌壇の風習から行くとこれは作者の実生活と普通は読むのだが、どうもそうとも思われない。私は自分が「真っ赤な虚構を売り物にしている」と言っている人なので、これはそんなことを考えずに「歌の空間として」味わえばいいのだろうと思う。
この他に「子の籠る」歌も出てきて、中年の母と社会に出るくらいの息子の物語として読むことが出来る。社会の生きにくさ、先の世への不信感を抱きながら、息子のように寝ころんでみて親子の軌跡をとらえていく。歌にその感覚が軽く美しく漂っている。このような不思議な明るさや透明感を得た人を羨ましくも素敵と思う。ちょっと嫌な事があったのだが、お歌を読み返すと自分も透明に近づいていく気がする。
9



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ