2016/2/26

秀歌(61)清水房雄 角川一月号  秀歌読みましょう

清水房雄さんは100歳の大家で、長く読売新聞歌壇の選者をつとめられた、アララギの歌人である。しかし戦前は予科練の教官として、多くの若者を飛び立たせたことが、戦後の懺悔として残ってその事を詠ってきた。評価の高かった歌人ではあるが、読売を引いてからはどこかで忘れられたような所もある。
私は不識さんから頂いた「残余小吟」を少し読んだだけだが、しっかりとした歌風に戦争への懺悔と歌にからめ捕られた一生を詠って嫌な所は無かった。大家であるけれど、あまりに御年になると話題にならなくなるのか、100歳のお祝いと言う記事も見かけず(考えたら白寿のお祝いをしたのだろう)にどうしているのかと思ったら角川「短歌1月号」の「初笑い」企画競作の巻頭を飾っていた。まず5首を。

「赤ワイン」

日の寒暖も知覚せぬ迄老いはてぬ今日は寒しと家人言へれど

老の背の痒き掻かむに此のあたり「孫の手」を売る店無きものか

今日の昼餉は楽しみにせし加薬飯ほのか温(ぬく)みの去らざる内に

うつむきて密かに含む赤ワイン幾年ぶりか此の甘美さの

東京裁判史観を以って示されし日本絶対悪説も定着せしか

あれ、と思ったのはそれまでの戦争への懺悔の姿勢から、ちょっと離れた感じを受けた事。それはやっぱり年のせいなのか、安倍内閣をはじめとする世の中の流れが変わったせいなのか。生活歌の様子、歌う事への執着は変らないのだから、右傾化の時代だから五首目の歌を出して見ようかという事なのかもしれない。(あまりの大家というのはどう書いていいか難しい所があって、私には無理だなあと言う思いがある)
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ