2017/1/27

佐藤涼子『Midnight Sun』  歌集

新鋭短歌シリーズ第三期「書肆侃侃房」の佐藤涼子『Midnight Sun』を読んだ。佐藤さんは塔の若手で、入会二年で塔新人賞という精鋭。この新鋭短歌シリーズは、公募になったはずだからその力を認められての歌集発行であろう。私はクローズのネット歌会で何度かご一緒して私の「猫と暮らせば」も読んでいただいた。歌集のかたちは四六という少し小型のもので、ソフトカバーで手によくなじむ、私の好きな大きさだ。

構成が一二部になっていて、前半は3,11の(作者は仙台在住)記憶と記録で、やはり真に迫っている。が、それが前半に来たために後半に、あれという感じは受けてしまう。今回は前半を「震災詠」として後日にゆずり、後半について感想を述べることにする。歌の風合いに自分と似たものを何首か感じてどうしてもそういうもの(恋の歌?)に惹かれた。ここにまず八首ならべる。

身の内に蛍が疼く 手を引かれ一ノ坂川越えて行くとき

ライラック色のペディキュア塗っていて良かった 口に含むだなんて

君の手で私の名前が銀色に書かれた黒いオルゴール鳴る

豆電球の電飾数本 木造のライブハウスにブルースが這う

初夏のトラジャブレンド濃く淹れて土曜の朝の窓明け放つ

ブルースをしゃがれた声で口ずさみ裸足の女は猫を蹴飛ばす

忘れたい記憶は白い モビールの鷗はゆるく回るばかりで

橋の下を過ぎる小船に手を振った君が乗ってるはずもないのに

歌集の後半は生活と恋の歌である。ある部分は音楽が深くかかわって、都会的な重苦しい雰囲気も出てくるが、「どうしようもないのに」と言っているみたいな恋の歌に、現代の女性のそれでも生活は強い足で歩いていくところが感じられる。そしてところどころに強くにおう性愛の描写は同じ恋を詠っても私には出来ない部分で、ああ若い人には等身大なのだなと思わせられた。
7



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ