2018/3/30

「毎日歌壇」掲載  毎日歌壇他

歌集の表題は『古今さらさら』といいます。「古今集」の部建てによるものですが、中身はそのテーマに沿った私の歌です。この形が良いなと思ったのは「恋歌」の部(古今では「相聞」ではないのです)で、平安時代には宮廷和歌で天皇や判者が僧侶にも「恋の歌を詠め」と題を出したらその心を詠んだので、「虚構問題」なんて関係なくなるところなのです。私も楽しく恋の歌を詠めました。
「歌集」は最終稿にはいって、出版社にお任せになります。そして先日は装丁家の方とも事務所で会って、使ってもらうようにお願いした切り絵をお渡ししました。「表紙絵」と「口絵」を二枚切りました。年を取ると眼が疲れ、細かい作業の「切り絵」も大変になるなあとがっくりです。

三月は投稿歌が没続きで、運のない月だなあと言ってましたが(星占いでそう出ていました)月末になってやっと採って貰えました。3月26日「毎日歌壇」米川千嘉子選です。

花韮が夜のあかりに浮かぶ庭スマホを置いて目を洗うなり   河野多香子

ちょっと綺麗な景色かと思うでしょうが、目が疲れちゃったと言うだけの歌ですね。以前宮柊二の「藤棚の下の小室」を読んだ時の静かな感慨みたいなものを思っていました。歌友の方から「眼を洗う」のこころはと聞かれました。色々に読まれたら嬉しいと答えました。米川さまありがとうございました。
6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ