2018/7/13

「毎日歌壇」掲載と豪雨禍  毎日歌壇他

梅雨明けが六月中なのは何年振りとか騒ぐよりも、ひどい暑さが続いてクーラー嫌いのわが家でも仕方なくクーラーを入れざるを得ませんでした。七月に入っても暑さは続きそれから一転台風のニュースです。今年の豪雨も西日本でひどい災害の様子がテレビで映し出されあちらこちらの知り合いを思ってうろうろする日々でした。
その中で気象庁が梅雨明けの発表をしたりすると、そんなことはどうでも良いのではと思ったりしました。日本列島はすっかり「異常」で無くなった荒い気候、異国の話と思っていた「竜巻」の頻発、毎年気の揉める季節と言う事ですね。この暑さでの避難生活の困難さを思いつつも、ネットで各地に繋がっていることを良しとして皆様のご無事を祈っています。

七月二日付「毎日歌壇」米川千嘉子選で一首掲載されました。歌集に気を取られながらも、新聞投稿は気長に続けたいのでありがたいことです。

栞ひも取れてしまえばこの恋もすぎこしゆくすえ夢の紫陽花  河野多香子

六月の初めぐらいに出したので紫陽花の歌でしたが、今年の紫陽花は早く咲いて早く終わってしまいました。(場所によってはまだ咲いているのかもしれませんが)六月に叔母の葬儀で鎌倉(大船)に行った時、道の両側に綺麗に咲いている紫陽花を見ました。昔は鎌倉の主人の家の紫陽花が何処よりも綺麗と言った頃もあったと思い出します。歌はこんがらかりそうな恋の歌ですけれど。米川さまありがとうございました。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ