2018/10/26

「三朝庵」閉店  短歌

このまえ「藤むら」が無くなったと書いたが、七月に早稲田の「三朝庵」が閉店したと9月17日の「毎日新聞」に記事が出ていた。前日の16日に早稲田のお寺で法事をして、従姉妹と古い話をしていたのだが、その事は聞き逃していたのでびっくりした。
三朝庵は早稲田通りの大隈講堂へ曲がる角にあった蕎麦屋で、店の名は大隈重信が付けたと言う。「かつ丼の発祥の店」とも言われ、その歴史や閉店の理由は検索で色々に出てくると思うが「蕎麦屋」というものが庶民の物から材料の高騰、趣味人のそば打ちの流行などで大分高いものになってきたのも一因ではないだろうか。

私の従妹は早稲田大学の裏側に屋敷のある家に嫁いで、今は学生マンションと家用のビルに建て替えている。(先日も法事の後でいとこたちが寄りあった)そこから三朝庵は通り道で、母が元気な時は何度か訪れるたびに「あ、三朝庵」と言っていたがとうとう食べに入ることはなく終わってしまった。

母がそう言ったのは、昭和ひとけたの時代に祖父が小さい母をつれて無尽の会に連れて行ったからだそうだ。無尽と言うのは「講」というよく分らない金融システムで、小金を掛け金でためて、くじのような物で一人に渡す(落ちると言う)その会合を小料理屋や蕎麦屋の二階などで開いていたらしい。祖父は徳島の出で阿波狸の子孫らしく、金融には興味があったから江戸川橋から早稲田あたりの無尽講に入っていたのだろうと思う。

母は毎月ではなかったが、何度かその会合に連れて行かれて御蕎麦を食べられるのが良かったけど、子供には面白くはなかったと話していた。母が亡くなって母の生地江戸川橋近くの西早稲田にお寺を移って、三回忌を執り行うことが出来た翌日、三朝庵閉店の話を知ったのも不思議な気がした。

時代(とき)がまた扉を開けて流れゆく 早稲田通りを風に連れられ    多香子
6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ