2019/3/22

秀歌(84)山川築「角川短歌賞」受賞第一作30首より  秀歌読みましょう

山川築さんは昨年第64回角川短歌賞を「オン・ザ・ロード」で受賞した27歳の若者である。「未来」所属であるが、ツイッター上「うたの日」で「もりのさと」さんのネームで歌を並べたことのある人と知ってびっくりした。もともと父上も歌人、お兄さんの創さんもY川さんであることが分かってまたびっくり。初めは「草野球」「ゲームセンター」と言っていた「うたの日」からだんだん賞を取る人が出てくるようになったのは喜ばしい。恒例の「受賞第一作」の載っている「角川短歌」12月号から9首を引く

「眠りに寄す」

夢とうつつのはざまにひとつ窓ありてそこへ差し込む朝の日ざしよ

外へ出る支度をすべてととのへてすきとほる手錠をはめ直す

犬小屋に犬は眠れり英雄を殺しし者の名は忘られて

鉄塔が西日の中に燃え落つる予感に浅き午睡より覚む

回想に表示の変はる列車よりなまあたたかく息がもれ出ず

仲秋の日は暮れかかり食卓の子持ちシシャモは口を開けり

ゆゑのなき怯えは足を濡らしをり地下書庫までの段をくだれば

喉笛をはつかに鳴らしみづを飲む夜の底ひの木椅子にかけて

空よりも雲の明るき夜ならば蠍の星は胸にし冴えよ

彼は文語旧かな派でこれも近頃の若い人に見られる傾向だけど、選者の方々が選考座談会で「年齢が高いのでは」と言っていたようなのは面白い。「角川短歌11月号」受賞の言葉で「うたの日」の管理人ののさんに謝意を表していることに意表をつかれた。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ