2019/3/29

「NHKテキスト」四月号  NHK短歌

三月の半ばは春が足踏みして、風の冷たい日が多かったが空は真っ青に見えた。学校の跡地「小川広場」の木蓮もようやく花開き、桜もどんどん開いていきます。もう四月、春休みなどと縁の無くなった私達でも少し心が浮き立つのですが、NHK短歌の選者も四月から新メンバーに代り、どんな一年になるのかなという期待もありますね。

長いこと音沙汰のなかった「NHK短歌テキスト」 四月号で松村由利子選「子ども」の佳作秀歌に選んでいただきました。

家路ゆく子どもの群れにひそんでは見え隠れする点子ちゃんとアントン    河野多香子

N短は四月で新選者に替わりますがテキストは三か月後なのです。それでも年度末近くの滑り込みと言う感じ、それなりにとても嬉しいことです。

「点子ちゃんとアントン」というのは私の大好きな児童文学作家(詩人でも、大人向けの作家でもあります)ケストナーの作品です。ケストナーの「エミールと探偵」や「二人のロッテ」には複雑な社会環境によって貧富の差や片親家庭など否応なく置かれた自分の場所で、賢く懸命に(ときに冒険的に)人生を切り開いていく子供たちが出てきます。第一次から二次世界大戦の間のドイツと言う日本よりもひどい思いをしてきた国の中で、曲がることなく手をとりあう少年少女の姿。いますごく不安定な日本の国の中でも、きっとそう言う少年少女に居て欲しいと言う思いでこの歌を作りました。
松村さんもケストナーがお好きで、きっと分って下さったことと思っています。本の内容を知らない人には分らない歌かもしれないけれど、これは選者に向けて送った気持ちでした。松村さまありがとうございました。
6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ