2020/1/31

「NHK短歌」二月号  NHK短歌

ついこの間新年になったと思ったらもうじき一月も終わり、私自身はもうじき主人の手術と思うと、あせあせとした心とのんびりしたい気持ちで日々を暮らしています。
去年はなんだかダメだなあと思っていたNHK短歌は、何とか投稿を続けていましたが、12月の「一月号」に続いて「二月号」で、江戸雪さんに「矢」のお題で佳作に取っていただきました。

紛争の矢面に立ち萩の花ちらりほろほろ涙をこぼす   河野多香子

去年の秋ごろから、以前詠んでいた感覚が戻ってきて、やっぱり自然にまかせて自分の歌と思えるものが詠めればいいのだろうと思っていたのです。選者も変わっていきますし、歌の相性というものもあるなりに取られるようになったのかなと思いました。江戸雪さんありがとうございました。

この頃はN短テキストをキンドル版で買っているのですが(本が増えないように)、今号に今年四月からの選者紹介が載ってもうそんなに経ったのだと思わされました。四月からは松村正直、小島なお、寺井達也、栗木京子(胸キュン)の諸氏となるそうです。
家の先生はあちこちの若返りがご不満のようですが、今ネットに広がる若い裾野を吸い上げるには若い選者という事なのでしょう。初心者用の(胸キュン)にしっかりした先生を置くというのも大事なのでしょうが、栗木、佐伯の交代々々のため、古株の人が胸キュンに採られる事が多くなっているような気もします。
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ