2020/3/27

秀歌(91)川野里子「角川巻頭28首」より  秀歌読みましょう

川野里子さんを紹介するのは二回目でしょうか。「かりん」の歌人で今年「読売文学賞」受賞。今回は角川の12月号巻頭から広島の歌を八首引いてみました。
川野さんは(苗字の読み方がおなじなので変な気がしますが)大分生まれ学校は京都から千葉大の大学院までヒロシマと関係なさそうではあるが、前年のオバマ大統領のヒロシマ訪問の影響が強くあると思われます。それはまたトランプのアメリカによってひっくり返されたおもいにもなるりでしょう。一首目はそういうことではないと思っても白い雨に「白人」を感じてしまうところがあります。

「鶴の折り方」

黒い雨のち白い雨白い雨ていねいに雨の洗ふ広島

マリーゴールド聖母マリアの黄金(きん)の花異臭はしんと歌壇を満たす

(かうやってここを合はせてかうやってここを畳んでこころのやうに)

(畳んだらひらいてこちらもひらいてね畳んで畳んで苦しくなったら)

生きるとはこのやうにリボンつけることリボンのうれしさ焼け残る服

バラク・オバマの雄弁はなにに触れたるかふはりと二羽の折り鶴残る

平和公園に虹かかりたり消えやすく虹かかりやすく平和公園

ヒロシマとわたしのあはひに架かる橋しずかにありぬ気づけばそこに

28首は平の歌と括弧でくくられた「鶴の折り方」によって成り立って、昔教わって折った折り鶴と平和への祈りの象徴として詠まれています。
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ