2020/4/24

「老月」というお店  

「老月」は「おいつき」と読むもうなくなってしまった店なのだが、戦後の池袋の大学通りに喫茶店とも言えない小さな食堂があったのだ。
私が大学に入った「東京オリンピック」の年にはもう中年は超えているようなご夫婦が学生相手に楽しく切り盛りをしていた(ように思うのだが、メニューもなにも覚えていない)。そこの「フレンチトースト」が当時は信じられないほど分厚くて、お砂糖とマーマレードたっぷりの甘くてふわふわなものだったから、女子大生だけでなく男子学生も昼食に通って、狭い店がキュウキュウになる状態だった。

もちろん大学の中にも学食は二つあり、それぞれに安くてまずかったけど一食の裏にある喫茶部のプリンはおいしかった。大学通りにはいくつものお店があり、それぞれにクラブなどの行きつけの店があったのに「老月」はそういうゆったり(というかだらだらと)過ごす場所ではなくて、短時間にご飯をすますのに適した店だった。値段は忘れてしまったけれど「フレンチトースト+コーヒー」でもそれほどの値段ではなかったと思う。

そのお店には三四年生ではあまり行かなくなり、クラブの行きつけの喫茶店などにたまっていて、卒業、結婚、出産と忙しくしているうちに池袋にも行かなくなった。10年以上過ぎたころ、息子が大学の付属中学に入ってまたPTAなどで出かけて行っても、デパートの食堂街などを利用したので、「老月」があることは知っていたけれど、お店には行かなかった。

そして息子が大学生になって「この頃見つけた店は「老月」といって、そこの「フレンチトースト」とコーヒーがおいしいんだ」と言ったときはびっくりした。私は教えたこともなくて、下からの友達しかいない息子は友達に誘われたのだろう。多くの学友の中には親子三代などということも稀ではないけれど、同じ店を息子が利用して同じものをおいしいと言ったことは中々感激であった。

その「老月」もいつのころか閉店して、大学通りの建物もずいぶん変わったらしい。
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ