2013/11/28

秀歌(21)道浦母都子  秀歌読みましょう

掲示板で知り合った女子高校生が新聞中国歌壇で道浦母都子さんの選を受けたといっていたので、検索したら名前を知らずに何首か読んだことのある歌人だった。1947年和歌山生まれとあるから、私より少し下現在66歳になったろうか団塊の世代というより全共闘世代と呼ばれる経歴をもっている。早稲田をへて「未来」に入会したのは近藤芳美の選を受けて師として慕ったからだそうだ。今の若い人のブログなどで、現在の歌はいいけれど学生運動の時代の歌は「うざい」と書かれていてびっくりしたが、その時代の人たちにとってはあの時が「われらの青春」であったことは間違いないのだ。
私の学生時代にはベトナム戦争という命題はあったが、60年安保と70年安保の谷間の世代で、デモに行くより「同棲」という言葉に興味津々という学生生活だった。私の行った大学では「短歌」のたの字もなくて詩が全盛であった。私が道浦さんに興味を持ったのは、

神田川流れ流れていまはもうカルチェラタンを恋うこともなき                    『無援の抒情』

という歌であった。早稲田という経歴からこのカルチェラタンは早稲田の学生街かもしれないが、私の中でカルチェラタンと言えば御茶ノ水から靖国通りまでの、明治、中央、日大の学生街の事だと記憶されている。殊に私の家の小さな坂の下の五差路はその中心のように1969年安田講堂が落ちるまで、毎日のように大学から運び出された机や椅子でバリケードが築かれ、投げ込まれた火炎瓶が燃えていた。私はその時もう結婚して子供が出来、大きなお腹を抱えて見物していた。子供が生まれて私の青春も終わったような気がした。この歌もその時代に決別した作者の少し苦い気持ちが出ている。『無援の抒情』は1980年の第一歌集だから運動最中の歌が多いが有名な歌を二首。

調べより疲れ重たく戻る真夜(まよ)怒りのごとく生理はじまる

きみのこと想いて過ぎし独房のひと日をわれの青春とする                      『無援の抒情』

同じくらいの年で東京にいた人は、運動にかかわらなくてもあの時代の空気を思い出すにちがいない。若いものに「うざい」と
言われながら。この後道浦さんは我々と同じように山坂を越え一時体調を崩して詠えなくなったりしながら、年を重ねたらしょってる物を降ろして力を抜いて詠えるようになったと言う。 
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ