2019/3/29

「NHKテキスト」四月号  NHK短歌

三月の半ばは春が足踏みして、風の冷たい日が多かったが空は真っ青に見えた。学校の跡地「小川広場」の木蓮もようやく花開き、桜もどんどん開いていきます。もう四月、春休みなどと縁の無くなった私達でも少し心が浮き立つのですが、NHK短歌の選者も四月から新メンバーに代り、どんな一年になるのかなという期待もありますね。

長いこと音沙汰のなかった「NHK短歌テキスト」 四月号で松村由利子選「子ども」の佳作秀歌に選んでいただきました。

家路ゆく子どもの群れにひそんでは見え隠れする点子ちゃんとアントン    河野多香子

N短は四月で新選者に替わりますがテキストは三か月後なのです。それでも年度末近くの滑り込みと言う感じ、それなりにとても嬉しいことです。

「点子ちゃんとアントン」というのは私の大好きな児童文学作家(詩人でも、大人向けの作家でもあります)ケストナーの作品です。ケストナーの「エミールと探偵」や「二人のロッテ」には複雑な社会環境によって貧富の差や片親家庭など否応なく置かれた自分の場所で、賢く懸命に(ときに冒険的に)人生を切り開いていく子供たちが出てきます。第一次から二次世界大戦の間のドイツと言う日本よりもひどい思いをしてきた国の中で、曲がることなく手をとりあう少年少女の姿。いますごく不安定な日本の国の中でも、きっとそう言う少年少女に居て欲しいと言う思いでこの歌を作りました。
松村さんもケストナーがお好きで、きっと分って下さったことと思っています。本の内容を知らない人には分らない歌かもしれないけれど、これは選者に向けて送った気持ちでした。松村さまありがとうございました。
6

2018/5/25

「NHK短歌テキスト」六月号  NHK短歌

第一歌集『古今さらさら』が出来上がりました。ISBNのついた本屋回りの本なのですが、たぶん注文が無ければ本屋さんに並ぶことはないのではとよく分らないでいます。それは多くの方に読んでもらえればと言う気持ちはあります。老舗出版社から出しましたので、あまり安売りしてしまうのも(自費出版だから良いのだそうですけど)どうかと、少し考えています。有名な先生でも自分の分は手売り(自家通販)の方もあって、税は除くことが出来ます。(何か未だ五里霧中です)

「NHK短歌」のテキストは六月号から新選者分の掲載です。昨年度は殆どとられなかったのと、NHKが若い人にウェイトを置いているようでどうしようかななどと思ったのですが、違う選者の眼も通ってみたいと(相性もあるでしょう)続けて投稿しています。
今号で東直子選「会話」佳作に一首掲載されました。

ガラス越し雲と会話をしたそうに窓にはりつく十階の猫   河野多香子

東さんに選歌されるのは初めてです。「かばん」の同人で今かなりの「力」のある方です。広島生まれ、54才、穂村弘さんと若い人の口語短歌のけん引役として、「歌壇」や「短歌研究」の新人賞の選者も務めます。「書肆侃侃房」の企画シリーズなども早くから監修人に当たり、以前は若い人の感性としか合わないのかな、と思って来たけれど今回の(二度目らしい)NHKでは文語旧かなの歌も採ったりして、すこし変ったかしらとも思われます。私には無理と思っていたけれど、採って頂いてちょっとうれしいです。東直子さま有難うございました。
4

2018/3/2

「NHK短歌」三月号  NHK短歌

時がどんどん過ぎるから「春はまだだ」と思っていたのに、気が付けば三月になってしまいました。歌集を五月に出すとすると「三ヶ月」あれば出来ますという話が(初稿原稿からだったらしいけれど)二月のその時点で確かに五月は三か月後でした。先日の婦人科診察で「大丈夫、次は半年後でいい」と言われたので、まず心置きなく「歌集」と取組み、秋の法事もやってと心が軽くなりました。
「歌集」は393首を「古今集」の部建てに作り、題名もちなんだものを考えています。初めはソフトカバーで「猫」とおなじ四六判と思っていましたが、今度は本作りで定評のある出版社なので、ハードカバーの本に決めました。

「N短テキスト」三月号にやっと佳作で載りました。「胸キュン」の佐伯裕子選「新しい」です。

新しい部屋で始めるまどろみの二人のために買う白いソファ    河野多香子

N短は去年の八月号以来半年以上開きました。テキストは五月号まで昨年度の選者ですが、投稿は今年四月からの選者に替わりますね。東直子、真中朋久、松村由利子各氏です。胸キュンは佐伯さんと肌が合うので残念ですが、栗木さんも前に何度かやってらっしゃいますね。大新聞は一選者あたり千首に近いと言われ、N短は月一なので二千〜三千と聞きます。私など良くて一年に(一選者)三首の佳作ですからなかなか大変な所があります。選者も若い人になり、期待と不安共にありの状態ですね。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ