2019/12/27

今年の述懐と「N短1月号」  NHK短歌

毎年年末の述懐などと書いているのですが、今年は改元もあり、私もするべき旅行だのクラス会、結婚式などの付き合いをやり終えて、では主人の健康診断となったところで青天の霹靂となりました。でも、主人の心臓は自覚症状もなく(常に不整脈です)家から歩いていかれるクリニックや大学病院があって来年の手術に向けて普通に生活していいとなりました。(もちろん服薬に減塩生活ですが)

そういえば五月に車をぶつけて廃車、本人は不本意だったけど免許を返納して、その後の老人の運転事故の報道も安心して見られるのはよかったけれど、生活に不便感はぬぐえません。都心のスーパーも遠いくらしで、配達の業務用のスーパーが見つかったことは「窮すれば通ず」の見本かしらとか、私はどこかで「運」はみすてていないんだ、という気持ちにもなりました。

いろんなことがあって、短歌のほうは低調かなと思っていました。少し休みながらがいいのか、刺激があることがいいのか、何かを吸収したくて上野や北の丸の展覧会に行って、それが少しずつ効いてきているような気がします。
「NHK短歌」テキスト一月号、大辻隆弘選「卓」の佳作に掲載されました

テーブルの上の柘榴の赤い口笑みつつ我を不安に引きよす     河野多香子

この頃は殆ど取られないので忘れていたぐらいです。日大や自分のクリニックの最後の診察のころだったので、ただ驚いていました。ありがたいことです。
ドタバタしながら年が暮れ、新年を迎えることでしょう。本年のお付き合いをお礼申し上げ、来年も変わらぬご厚情をお願いいたします。(図々しい)
4

2019/5/24

NHK短歌六月号  NHK短歌

N短テキストは、昨年度あまりに載らなかったので、本を増やしてもと「キンドル版」を買う事にしてみました。アマゾンで買ってパソコン画面でダウンロードするようにしたのですが、やはり大きさに難があり読みにくいなあと思うのです。でも世の中断捨離と言うし慣れて行かなければいけないかなと考えています。(このごろとみに目が疲れるようになって、小さい字ははっきりしないのです)

今年度の選者は江戸雪、佐々木頼綱、大辻隆弘、佐伯裕子各氏で、一年交代の胸きゅんの佐伯さん以外は若い選者さんです。江戸雪さんは「風の歌会」にゲストでも見えて、割と肌が合いそうに思うけれど、今年はどうなのかなあという期待と不安がありました。放送は四月から新選者ですが、テキストは六月号からになります。
その六月号の佐々木頼綱選「父」の佳作に取って頂きました。

えらい父えらくない父死んだ父もう戻らないわたくしの父    河野多香子

父と娘、母と息子というテーマはコンプレックスの代表みたいに言われるけれど、親と子の結びつきは自然の摂理なのではないかと思います。子として生まれていくつもの愛情と葛藤の中に成人し、やがて次の過程として親から離れ子をなして繰り返しをする(家の息子のように独身のままどうするのだと言うケースも増えているのだろうけど)そののち親は年老いてやがて子は看取りをする事になるのです。その頃には恩讐はこえると言う事を考えたのですが、今の世の中は最後の看取りで却って心に傷を負う事もあるのかもしれないですね。
頼綱さんは幸綱さんのご長男「えらい父」と言う所に自分の父だけでなくそんな事をふっと考えたかもしれません。頼綱さん、ありがとうございます。
7

2019/3/29

「NHKテキスト」四月号  NHK短歌

三月の半ばは春が足踏みして、風の冷たい日が多かったが空は真っ青に見えた。学校の跡地「小川広場」の木蓮もようやく花開き、桜もどんどん開いていきます。もう四月、春休みなどと縁の無くなった私達でも少し心が浮き立つのですが、NHK短歌の選者も四月から新メンバーに代り、どんな一年になるのかなという期待もありますね。

長いこと音沙汰のなかった「NHK短歌テキスト」 四月号で松村由利子選「子ども」の佳作秀歌に選んでいただきました。

家路ゆく子どもの群れにひそんでは見え隠れする点子ちゃんとアントン    河野多香子

N短は四月で新選者に替わりますがテキストは三か月後なのです。それでも年度末近くの滑り込みと言う感じ、それなりにとても嬉しいことです。

「点子ちゃんとアントン」というのは私の大好きな児童文学作家(詩人でも、大人向けの作家でもあります)ケストナーの作品です。ケストナーの「エミールと探偵」や「二人のロッテ」には複雑な社会環境によって貧富の差や片親家庭など否応なく置かれた自分の場所で、賢く懸命に(ときに冒険的に)人生を切り開いていく子供たちが出てきます。第一次から二次世界大戦の間のドイツと言う日本よりもひどい思いをしてきた国の中で、曲がることなく手をとりあう少年少女の姿。いますごく不安定な日本の国の中でも、きっとそう言う少年少女に居て欲しいと言う思いでこの歌を作りました。
松村さんもケストナーがお好きで、きっと分って下さったことと思っています。本の内容を知らない人には分らない歌かもしれないけれど、これは選者に向けて送った気持ちでした。松村さまありがとうございました。
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ