2021/5/28

「NHK短歌」テキスト六月号  NHK短歌

「NHK短歌」はこの号から「四月、新選者」の分として掲載になりますので、皆さんそれぞれに今年はどんな傾向なのだろうなどと期待するところではないでしょうか。選者が若くなることは、未来に向けても仕方のないことで各結社も中堅を押し出して裾野を広げたい思いがあるのは「専門誌」でも同じことでしょう。

「題詠」というのは、短歌の勉強という点から考えると思考の幅を広げて、どんなことをその題から創造(あるいは想像)できるかと言う点で、広い世界も詠めるようになるし、古い記憶も思い出せるなかなか良いアイテムだと思います。NHKの性格上あまり過激な思想は排除されるけれど、テキストを見ると「そんな発想もあったのか」と気付ける歌が並んでいるところが(まんべんなくという意味からも)選者の力が示されるところだなと一人思っています。

「テキスト六月号」田村元選「飲む」に佳作で一首掲載されました。

コロナには負けたくなくて春の朝腰に手を当て飲むヨーグルト    河野多香子

田村元さんは「りとむ」「太郎と花子」の歌人で、関東から北大に行き、今は横浜在住。「歌人の行きつけ」というエッセイ本もこのところ好評で、N短の放送でもお店を紹介しています。お題の「飲む」は本との関連でお酒なのかとも思ったのですが、私はお酒が飲めないのでエイとヨーグルトで詠みました。テキストを見てもいろんな飲み物、飲むシチュエーションが詠まれていて、今の(みんな若い)短歌をやる人の目の付け所が多岐にわたり、これからが楽しみと思いました。
6

2021/4/30

「NHK短歌」テキスト五月号佳作  NHK短歌

緊急事態宣言(でなくてもどうせ出かけないつもりでしたから)でゴールデンウィークの楽しみも、家でやるクイズやイラストロジック、主人は「数独」くらいです。
コロナの不況で、テナントさんが二件出るので、リフォーム屋さんがはいったり忙しいことは忙しいです。(リフォーム屋さんの兄ちゃんがいい人なんで、彼が来るのは嬉しいことです)一件はもう次の人が決まってやれやれです。
東京はオリンピックやれるのかということが感染数を少なくしているのではと思われますが、関西はそういうことがないので火が燃え盛るような感じですね。皆様ご自愛ください。

             *********************

20日発売の「NHKテキスト」五月号で「胸キュン」の栗木京子選に一首佳作でした。

病得てやせた夫を太らせたいダイエットのテレビ背中で聞いて  河野多香子

普段は心象詠や社会詠が多いのですが、これはそのままの日常詠です。主人はたんぱく質制限で、砂糖、油は良いのですがなかなか太れないでいます。(私はコロナ太りですが)すこし歌にふくらみが少ないなあと思いますが、現実の生活はコロナ下でぎすぎすしているので、それが反映しているのかもしれません。栗木さんの胸キュンもこれが最後です。次号からは佐伯さんですが、N短の第四週となるみたいです。
7

2021/1/1

謹賀新年 N短1月号の佳作  NHK短歌

皆様あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。こころからそう思うのに空しいほどのコロナの社会です。せめてこれほどの疫病から新しい社会、新しい文化が出てきますようにと祈っています。

あらたまのライブカメラの富士山に雪の白さはただ清しくて   多香子

*************************************************

昨年の「NHKテキスト」一月号で松村正直選「羊、未」で佳作に掲載されました。

会いたいと数え続ける夜の中顔だけ黒い羊で埋まる   河野多香子

お正月用の歌ではないし、干支も違いますが一月号なので。顔の黒いひつじは実際にいて私は大好きなので山梨の観光牧場まで会いに行ったこともあります。この歌の場合は「顔だけ」が黒いってなにか顔が分からない事を表しているような気もしますね。って自分の歌なのにどういうことで詠んだかもわからなくなっている・・・こういうの歌が下りてくるというのかな、という経験を何度かしています。
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ