2020/11/6

11月の歌  短歌

今年の秋は短いかもと言われながら、秋晴れの少なかった10月前半とまた暖かくなった後半に気温も上下して、イチョウの黄葉などもなかなか進まないみたい。コロナにもだいぶ慣れたのか政府の政策か、そぞろ出歩いてみようかとも思われるが、やっぱり出した足をひっこめるみたいな気分で11月になってしまった。

我が家の周りの「スポーツ屋街」は夏の間ひっそりしていたが、さすがに冬が近づいて人が出るようになった。でも外国人観光客がいないので「混む」という感覚ではない。私たち歩きの人の間を自転車が駆け抜けて怖い思いもする。11月の歌はどうということない「秋」の残念感を。

「秋薔薇は」

薔薇一輪咲いたこころの寒い朝「進入禁止」の標識が立つ

秋寒にランチをおごってくれたから、胃薬そっとあなたに渡す

大根は味噌汁がいい、さくさくと千六本に切って夕餉に

色あせたブックカバーの手ざわりはあなたの背中なぜた日のまま

恋にもうあきてオス猫あくびするこたつが一番そんな火曜日

裏切られ二人逃げゆく道の先「ペンション四面楚歌」の看板

こんなにも黄金の色降る並木路は黒衣の女の似合うステージ

6

2020/10/9

「10月の歌」  短歌

急に秋めきつつ、ベランダに花のない日々です。中秋の名月が10月というのもずいぶん経験しない事でした。東京では朝の雨から夜には晴れてやっとビルの横のほうに出た月を観たのですが、夜遅かったのであまり大きくありませんでした。
10月の歌は「都忘れ」都会に住んでいて都を忘れるってどういう事となりますが。昔は流されて都を遠く離れて、都を忘れたい気持ちだったのか、現代ではいっそわびしい時も、それでも都を捨てるわけにはいかない気持ちでしようか。

「都忘れ」

ミヤコワスレ紫秘めて咲く夕は都に棲むをわびしと思いぬ

冴え冴えと月中天にかかり来て猫と見上げる縁側涼し

麦の穂のつんつん伸びる十三夜 優しいあなたに逢えますように

遅咲きの恋のコスモス胸内にやばいぐらいに咲き乱れてる

あなたへの愛の占い何度でもころがしてみる三菱えんぴつ

本持ちて街に出にけりすずかけの並木は優し昨日も今日も

満たされぬ思いのままに秋の夜をペンネを茹でてそれで終わりぬ

  *********************************************

主人は木曜に「日大」に行って、検査結果も特に変わらず(良くなったというのでもなく)次回は12月と予約してもらいました。コロナ下での手術や入院はこちらもお断りなので、医師も勧めませんでした。帰りに雨に濡れた萩の花を見たのは嬉しくも侘しいものでした。
6

2020/9/18

「四季」夏号の歌  短歌

夏号の「四季」はまだまだ暑い夏の内に出来上がりました。縦書きで紙面に印字されたものは、またすっきりと歌らしくなるという方たちもいます。私は「うたの日」投稿でも、このブログでも横書きに慣れているので、(私の歌については)横書きのまとまりのほうが「らしい」と思ってしまうのですが、どなたも感想を言ってくださらないのでよくわからないでいます。
夏号には(三か月ぐらい前に詠んだものですが)コロナの歌を井上陽水「少年時代」を下書きに作りました。

「風あざみ」

言葉には魔性もあれば陽水の造り言葉も普遍となりて

七月は夏休みではありません、今年の夏はコロナのせいで

県境を越えてはダメよ東京に生まれた私が悪かったのね

夏椿、沙羅双樹の別名と一夜に花を散らす哀しさ

バス停に立ち枯れている夏椿身を投げることもない東京で

お祭りも縁日もない夏の日を二人お家で食べる密豆

朝顔の伸び行く蔓を巻き付けて行灯仕立ての刑に処したり

十五階二十階と建ち行けど墓標とならぬかげろうの街

海の香が窓から流れ込むような気まぐれな風みな白昼夢

風吹けば昼寝の夢は破られてまだ立ちつくすコロナの東京


いつの間にか九月も後半になり、あの春のコロナの騒ぎ初めから、いつになっても終わらないことが疲れになってきています。政府が変われど実態は変わらず、「これが終わりだ」という形は何なのか誰か示して下さいと思ってしまいます。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ