2019/5/31

秀歌(86)阿木津英「角川短歌」十首詠より  秀歌読みましょう

阿木津英(69)は女性歌人でフェミニズム歌人とも言われた。名前のせいで男性と間違われることもあるようだ。私も男性だとおもっていたが、知人の男性は男性教師をもとめてカルチャーに行き、初めて女性だと知ったと言う。しかし教え方も合ったのだろう阿木津の主宰する「八雁」(やかり)と言う結社にも入ってことし80歳で「歌集」も出した。
阿木津は石田比呂志の弟子で石田と結婚し、離婚し、その死をみとった。そのあたりが今の女性には「女丈夫」と映るかもしれないが、繊細な歌も詠むのだった。この「角川短歌」四月号の十首を読んだ時「ああ強い歌」と思った。母の死を私とは全然違うかたちで捉えている。六首を引く。

「天日」

てのひらに顔を覆へりこれの世に母をうしなふおのれと思へば

喘げども死なしめくれぬ苦しみに死したるまなこみひらきにけり

捨てられた まとも見据えてつぶやきしその訴へに応え得ざりき

置き去りをさるる捨児のくらき目に見遣りて坐るほほけたれども

ものなべて浄むるごとく路のうへ日ざし明るむ雪くだりきて

み柩にわが右の肩触れながら天日(てんじつ)に降る雪をあふぎぬ

天日とは太陽のこと、五首目六首目に明るさの象徴として出てくる。それはまるで母の死への暗い行進、そして葛藤と介護の後の死を「赦す」もののように清らかな物としてでて来る。剥きつけに詠まれた生と死は、そのようにして浄化されていく。強い表現もここではその光の洗礼を受けるための導入のように思える。
4

2019/5/11

秀歌(85)吉川宏志「角川短歌」巻頭28首より  秀歌読みましょう

吉川宏志は永田和宏から「塔」を引き継ぎ今の主宰であるが「塔」は法人化したので、その重荷は合議制で担えるのだろうか。1969年生まれだから今年50才、昔の歌人たちはやはり若くて結社を興したりしていたのだろうけれど、今のように安定の歌壇では若いと言えるだろう。吉川さんは京大でも文学部出だし、風貌も永田さんよりは優男めいて線の細さが気になっていた。しかし歌集評などを読むと、憲法も沖縄も自分の考えで行動していると言う事なので、少し読むんでみると(女性的な優しさが嫌だと言う人も居たのが)私には肌の合う歌が多いのかもしれないと思った。「角川短歌」四月号28首から9首を引く

「野宮」

鳶の輪は海をめぐりてまた陸にもどりくるなり高く啼きつつ

貝の散る浜辺に立てば一枚の皮はがすごと冬波は来る

貧しくなりされどもかっての貧しさに戻れぬ国よ川に降る雪

ともに暮らすウサギも老いて涙目になるらし顔の毛を濡らしつつ

傘の柄の凍るごときを立てながら野宮(ののみや)神社の苔を見ており

誰に呪われしか知らず死にゆきし葵の上に髪ながく添う

古は衣を着しまま抱き合いし折り紙の鶴重ねるに似て

恨むとは忘れざること 野宮の黒き鳥居を風とくぐりぬ

草枯れ石多き道 昼にのみ春の来たりて夕べは去りぬ

「野宮」は京都の郊外にあって、斎宮の潔斎のための場所であった。この世をあきらめた六条の御息所が源氏と最後のお話をする場面でもある。私にとっては「歌」のテーマの一つであるけれど、先んじられたという思いはしなかった。京都に住んでいる吉川さんは周りの観光客のゴタゴタとした景は取り除いて、私の好きな「源氏」の世界を垣間見せてくれたなと嬉しかった。
4

2019/3/22

秀歌(84)山川築「角川短歌賞」受賞第一作30首より  秀歌読みましょう

山川築さんは昨年第64回角川短歌賞を「オン・ザ・ロード」で受賞した27歳の若者である。「未来」所属であるが、ツイッター上「うたの日」で「もりのさと」さんのネームで歌を並べたことのある人と知ってびっくりした。もともと父上も歌人、お兄さんの創さんもY川さんであることが分かってまたびっくり。初めは「草野球」「ゲームセンター」と言っていた「うたの日」からだんだん賞を取る人が出てくるようになったのは喜ばしい。恒例の「受賞第一作」の載っている「角川短歌」12月号から9首を引く

「眠りに寄す」

夢とうつつのはざまにひとつ窓ありてそこへ差し込む朝の日ざしよ

外へ出る支度をすべてととのへてすきとほる手錠をはめ直す

犬小屋に犬は眠れり英雄を殺しし者の名は忘られて

鉄塔が西日の中に燃え落つる予感に浅き午睡より覚む

回想に表示の変はる列車よりなまあたたかく息がもれ出ず

仲秋の日は暮れかかり食卓の子持ちシシャモは口を開けり

ゆゑのなき怯えは足を濡らしをり地下書庫までの段をくだれば

喉笛をはつかに鳴らしみづを飲む夜の底ひの木椅子にかけて

空よりも雲の明るき夜ならば蠍の星は胸にし冴えよ

彼は文語旧かな派でこれも近頃の若い人に見られる傾向だけど、選者の方々が選考座談会で「年齢が高いのでは」と言っていたようなのは面白い。「角川短歌11月号」受賞の言葉で「うたの日」の管理人ののさんに謝意を表していることに意表をつかれた。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ