2021/11/26

秀歌(103)鈴木加成太「角川」10首より  秀歌読みましょう

鈴木加成太さんが就職してから何年だろうか、新年会の帰り道で先生が国会図書館に就職が決まった事「かりん」にはいったことなどを話して下さった。私が若手では加成太君が好きと言ったからだったろうか。角川で賞を取る前から学生短歌のなかでも透明感と躍動感のある歌に惹かれていた。その後の事も気になっていたが、お教室も無くなり「角川11月号」で久しぶりに名前をみて嬉しくなった。
コロナの時代、それぞれが変化に戸惑いながら手探りの活動をしているだろうが、加成太君の語彙の透明感には陰りが(深いと言えばいいのか)感じられいつまでも清新の気ではいられないのかと戸惑いも感じた。抜粋してはより分かりにくいと思うが5首を引く

「星の井戸」

冷蔵庫にトマトのスープ冷えて待つこの夏も活字工のしずけさ

地下倉庫の扉を押せば古い闇がガガーリンと音たてて閉まりぬ

冥府にも叱責はあらん愚痴もあらん火の背後ふかき闇焼(く)べながら

バグダード、安住の地! と鳥は言い船乗りシンドバッドは言えり

国棄てる折さえpriority seatsはあるすみれいろの機内食は運ばれ

題名の「星の井戸」は鎌倉十井の一つで長谷にあるらしい。他の歌に出て来る右大臣は頼朝のことか。冥府が出てくるのはこの井戸が冥府とつながっている言い伝えでもあるか、鎌倉の地はかなりめぐったが私は知らなかったので、この十首を読み解くのはとても難しかった。
鎌倉時代の井戸と思うと、そのイメージから遥か中東の戦乱を想像することもそう難くないことかもしれない。すこし時間を掛けてもなかなかに分かりにくいような気もする。
5

2021/10/29

秀歌(102)石川美南「角川」12首より  秀歌読みましょう

多分私が忙しすぎて、あれこれの歌を読まずにいたのだと思うけれど、石川美南さんの歌を「角川短歌」八月号に見た時懐かしかったのはなんだろう。世の中がコロナで明け暮れているうちに二年がたってしまい、誰も自分のからの周りでしか生活できなかったのかなということを思った。
美南さんが若手の活躍時代から、結婚出産をへてどう変わったか(変わらないような気もするが、近しい方でもないので本当は何も知らない)歌の上には自ずと変化は出てくるものと思うから。「角川短歌」八月号12首から5首を引く。

「時代はSF」

ではこれがナガミヒナゲシ、腑に落ちた時には市街地を乗っ取って

とめどなく喋る蛙よ水を飲み水をかぶってまだ喋るのだ

街路樹は濡れながら燃え出すといふ途切れ途切れの聖火を胸に

子どもたちは勝手に夢を見るからねのぞみ・かがやき・つばさ詰め込み

夢喰らふ獏を陽気に見送ってわたしたちとはわたしたちのこと


やはり子供のことが出てきて、きっと現代の「お母さん」の顔をして頑張っているのだろうなと思った。お年の男性には歌人が「自分の子供」を可愛いかわいいと歌に詠むのは良い評価ではないみたいだけれど、ある一時期女性はそこで輝くこともあるのだから。
3

2021/9/17

秀歌(101)俵万智「角川」30首より  秀歌読みましょう

俵万智さんが第55回超空賞を得られて、いよいよ歌人としての地位を一段高くしたのは、早かったのか遅かったのかはともかく納得できることだ。私の師匠は岡井さんにも超空賞を取らせたという一時期賞ラッシュの時期のあった編集者だったから、この頃の歌人の傾向と「超空」の名はそぐわないと不満を漏らしていたけれど、それは「芥川賞」と同じで時代というものだと思う。
「角川七月号」に受賞第一作30首が載って、俵さんが受賞後入院生活のあったことを詠んでいた。読者はこのような連作から歌人の消息を知ることが出来て、それはこの文化の良い部分だと私は思う。30首より8首を引く

「笑いたい夏」

一昨年のパリ以来なる鞄持ち入院という旅が始まる

採血のたびに謝る看護師の声やわらかに針雨の降る

つっこんでくれる息子がいてほしい「午後の紅茶」を朝に飲むとき

入院の日々の渚に濡れながら触れたいものはガラスのコップ

牛丼の日にお粥から米飯へ替わる喜び主治医に話す

母親が賞もらうこと思春期の息子はいかに受けとめおらん

絶食の砂漠の蜃気楼に見るアボカド、焼き茄子、メヒカリの群れ

10センチ以上は開かない7階の窓にも届く梅雨晴れの風

遠い山の緑のようだ退院後の仕事で埋まりゆくカレンダー


二首目は子規の「くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨のふる」のパロディー。全体に本当は辛い日々ものんびりとおかしいものに聞こえる。
コロナ下でも他の病気で入院治療が出来ること(面会も何もないけれど)それが日本の医療水準が高いことだし、コロナで逼迫したベッドを増やすために他の病気は診なくていいというのは間違いだろう。うたの中のユーモアは相変わらず豊かに、無事退院されたことおめでとうございます。
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ