2021/6/18

秀歌(99)坂井修一「角川」四月号より  秀歌読みましょう

竹橋の教室が終了して、コロナのために昨年の12月で坂井先生の講義も最後となってしまった。東大の図書館長、副学長となったために定期の副業は出来ないというお話で、もうお会いしないのだなあと寂しい思いのうち今年の春を迎えた。講座を離れたのだからこうして一読者として歌評なども書くことが出来るのだけど、やはり「坂井修一」という逸物の魅力は伝えられないだろうと気が付いている。
彼の本業である情報工学とかITなど私には縁がないけれど、一方の「短歌」の世界も実は「本道」なのではないかと思われる。理系の人が自己のロマンを表現するため詩歌の世界に入っているのは多く見かけるが、坂井氏の歌には常にギャップを嘆く偽悪的な姿勢が見られる。本当の真面目な姿を知るとそこが「男らしくない」魅力だと思うのは私の勝手だろうか。
「角川短歌」四月号巻頭28首から七首を引く

「ヤフーの世界」

枯れはやき草食みながら軽鴨はほほを打つ風楽しむならね

節目なく年すぎゆかむ風の庭レモンの実ふたつかがやかせつつ

実とは死んでゆくことレモンの実来む春の死を秘めてひそけし

ビオラ咲きフェイジョア繁る春の庭妻のたつとき庭は色もつ

ビットコイン仮想空間にうばいあふ七十七憶ヤフーの世界

学位審査ひとつ終はりて思へらくかしこきは心直くあれかし

六十二歳世界旅行に出た父よ同い年われは生ゴミ縛る


こうして引いたものだけだと、さして難しい歌群ではないが、孤高を思いつつ現代と対峙したい人間のコロナ禍にみせるとまどいか、いつものようにはにかみながら詠んでいるようだ。四首目のように、ご夫妻がお互いのことを詠むとき、私はある安心感につつまれて気分がよくなる。
彼の歌は常に難解で万葉風の言葉も多く使うようになっているが、人の世にまだまだ信頼をおいていると思われる。
3

2021/5/14

秀歌(98)大森静佳「角川一月号」より  秀歌読みましょう

大森静佳さんは今年度のNHK短歌の選者になり、若手の中でも元気よく走っているイメージがあったけれど、「Bootleg」の土岐友浩さんと結婚していたのは知らなかった。岡山生まれ京大短歌から「塔」短歌会の31才、京都から大阪在住。
毎日歌壇の投稿から「塔」にはいったようなので、河野裕子の引きがあったのだろうか。去年角川から出した「河野裕子論」の評判もよい。今回は「角川短歌」一月号の競演七首から四首を引く。

「滝へ」

雲よいま淡くわたしを横切るなつま先立ちをしてやりすごす

ふとぶとと水を束ねて曳き落とす秋の滝、その青い握力

読み終えて黒い表紙にあてる手のてのひらは読む夜のつづきを

泣くたびに骨格くずれゆく心地くずれてわれは雲になりたし


名前の「静佳」より骨太な歌を詠むし、この連作も京都にいての滝の風景と思うと納得がいく。服部真理子の「水仙論争」のときに服部さんの側から現代的な解釈を展開、論理的な人のように思われる。リズミカルな流れの中に「握力」「骨格」などの熟語(漢語)を設置することのブレーキ的な表現も健在。
選歌の時は少し変わった歌をていねいに読み込むのではないかと今回のN短でも新たな期待をしている。
6

2021/2/26

秀歌(97)蒔田さくら子「角川」一月号より  秀歌読みましょう

この「秀歌読みましょう」の記事の初めの方から蒔田さくら子さんのお歌を引かせてもらって、何回か書いてきました。今はもう新聞選者も「短歌人」の委員も引かれて、今年93を前にしてなお背筋のすっと通った歌を詠んでいられる歌人です。
ご主人が亡くなったとき「寂しい、寂しい」と言っていたのがじきに立ち直って、写真で拝見する限り以前と変わりないお姿なのは嬉しいことです。角川の一月号は毎年「新春歌人大特集」なのですがなかでも蒔田さんのお歌が私は好きです。巻頭12首から六首を引きます。

「歩一歩」

天翔けるつばさは望まず残りたる時を歩一歩かく踏みゆかむ

「椿姫」の前奏曲が好きといひし可愛少男(えおとこ)ありき七十年昔

あんな時代もあつたねなどと語りあふ時代をともにせし人らなし

餌くるる人かへりしとすずめどち噂をするか三羽きて待つ

窓ごしにゐるかゐないかのぞきゆく目ありすずめのちさく黒き目

後ろ二首はご自身の入院後家に帰ってのスズメたちの様子で、間にベランダを掃く歌が出て来るので、マンション暮らしと推察される。私も今は雀に餌をやっているので楽しい歌です。
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ