2014/4/19

つまもこもれり「伊勢物語」  古典(伊勢、源氏など)

私は伊勢物語が大好きで、殊に有名な段は好きなのだけど、歌は知られているのに、背景の物語が知られてない物にもよいものがある。もともと「伊勢」となるまでに「在五の中将」や『大和物語を」へて付け加えたり削ったり、当時は写本が普通だから書き写しながら改作されて大きな物語に完成したところもあったろう。私の底本は、池田亀鑑「伊勢物語精講」昭和三十年初版、学燈社で、古いものだけど平安時代の文学においては池田先生の研究を信奉している。以後の「伊勢」の底本はすべてこの本となると思う。
今回の十二段は、大好きな「芥川」の段ののち「東下り」のあとに出てくる短い文で、歌は

武蔵野はけふはな焼きそ若草のつまもこもれりわれもこもれり

聞いたことのある歌だろうか。「古今集」には春歌(上)に、初句を「春日野は」として「よみびと知らず」の歌で出ている。「伊勢」に限らず昔の物語にはよくこのような事がある。「伊勢」の主人公が業平とみられているのは定説だが業平作と書かれてもいないし、書き加えをしている読者がこの歌に背景をつけて、業平の東下りに関連付けて作った話だろうと池田先生も書いている。その物語と言うのはこうだ。
ある男が、よその家の娘を盗み出して武蔵野まで連れて逃げていくうちに、武蔵の国の役人につかまってしまった。男は女を草むらに隠して逃げたのだがつかまってしまった。人々がこの野に盗人がいる、火をかけようと言っているのに、隠れていた女が「今日は野焼きをしないでください、私も夫も隠れているので」と言う意味の上記の歌を詠ったら、聞きつけた役人たちにつかまってしまった。何とも哀れだが現代で考えると間抜けな感じもする。しかしこの男と女は駆け落ちなので、先行きはないのだ。
「芥川」の段では男(業平)は藤原氏の姫(いずれ参内して中宮にもなろうと言う)をさらって逃げる途中で、取り返されてしまうのだが、この武蔵野の話ではどこの誰ともない男女(だが女の親たちは嫁ぎ先を決めていたのだろう)が、捕まれば離れ離れになる運命を思いながら、火をかけないでと詠ってしまう心の弱さを描いている。
池田先生は「面白みから言えばこの段の方が、ユーモラスなようで数段勝る。一幅の幻想画である。」と評しているが、私はやっぱり現実感と女のあどけなさ、そして

白玉かなんぞと人のとひし時つゆとこたへてきえなましものを (六段)
の歌の詠嘆が、男の哀れを感じさせて好きである。
3

2014/4/3

都鳥(ゆりかもめ)  古典(伊勢、源氏など)

ゆりかもめは東京都の鳥で「伊勢物語」に出てくる都鳥の事なので、それに因んで東京都の鳥となり東京臨海新交通臨海線という電車の愛称ともなった。私は乗ったことがないが、大層カーブがきつく揺れるので「ゆりかもめ酔い」になるのだそうだ。

「伊勢物語」には「東くだり」をして来た(藤原氏の姫をさらって取り返され、罪を得る前に都を退出したのだ。)男たちが武蔵の国と下総の国のあいだに流れる「すみだがわ」まで来て舟に乗る場面で「白き鳥の、嘴と脚と赤き、鴫の大きさなる、水の上に遊びつつ魚をくふ」鳥をみつけて渡し守に聞くと「これなむ都鳥」という答えに(業平と思われる)男は

名にしおはばいざこととはむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと

と歌って、船の人たちみんなで泣いたという京の都恋しの話なのだが、今東京が都になってしまうと「みやこどり」というのもドヤ顔しているみたいで「ゆりかもめ」を使うようになったのだろう。臨海新交通というのもお台場の埋め立て地への交通網なので、本来の隅田川に掛かる「伊勢」ゆかりの「業平橋」だとか「言問橋」からはだいぶ離れている。言問橋のそばにある「言問団子」の店では丸い小さなお皿に素朴な都鳥の絵柄が付いていて、三色のお団子が食べられるのだが、由来とともにあまり人に知られなくなったような気がするのは、テレビに出てこないからだろうか。
東京湾の埋め立てで、昔はごみの島だったところに山といたカモメたちが大手町まで遡上していまでは日比谷通りの街灯や信号機の腕木に列を作って止まるようになっている。昔房州でぎゃおぎゃおと飛んでいたカモメより大分小ぶりで、これがかの都鳥かと感興に浸って眺めていた。それが母を積んで車で芝公園に行くようになってから、皇居のお堀に添ってどんどん増えていくような気がした。あまり糞害と言う話も聞かないから、いかにも東京と言う感じでいいかと思っていたのだが、先日テレビで「ウミネコ」が南下して皇居前に増えているといっていた。テレビはいい加減な事を言うからと思いつつ「都鳥」はくちばしとあしが赤いのだからと、車の窓も開けてよく見てみたがなるほど足が赤くない。全体に白くて、一回り大きいような気もした。私は実物の「ウミネコ」を見たことがないが、みゃおみゃおと啼くと言うのは他のカモメにもあると思う。本当にウミネコならばあの震災におののいて南下してきたのだろうか(私の勝手な憶測で裏付けは何もない)。それでは脚とくちばしの赤い都鳥はどこへいったのだろう。私は臨海線の「ゆりかもめ」に乗っていないし、フジテレビのあるお台場も一度車で通っただけだから何とも言えないが「なにしおはば」といつてそちらの海の方に移って行ったのかもしれない。

墨堤に杖引く数も衰えて鳥の足色とうこともなき 多香子
2

2013/12/6

古今集の序の歌  古典(伊勢、源氏など)

12月といえば気ぜわしなくて、ゆっくり歌なんか詠んでいられないと思う方もいるでしょう。今日の話は難しくもないし、ちょっとコーヒーブレイクで読んでみてください。

あなたは古今集の序(仮名序)を読んだことがありますか。学校で習えばともかく「古今集」がとても好きという人でないときちんと読んでみたことのない人が多いでしょう。私は和歌の完成は「古今集」と思う人だし、紀貫之の古今集の序には現代短歌にまで繋がる歌の真理が込められていると思うので、短歌を志した人なら一度は読んでいただきたいと思うのです。でも難しい、現代語訳でもめんどくさいと言う方に、曲ををつけて歌にしたものがあったのです。
これは本文冒頭のほんの一部を歌詞としたもので、千葉聡さんが作曲「うたう古文 古今和歌集やまとうた」で検索するとユーチューブで聞くことが出来ます。

 やまとうたは、人の心を種として、万の言の葉とぞなれりける

 世の中にある人、ことわざ繁きものなれば、心に思ふ事を、
 見るもの聞くものにつけて、言ひ出せるなり

 花に鳴く鶯、水に住む蛙の声を聞けば、生きとし生きるもの、
 いづれか歌をよまざりける

 力をも入れずして天地を動かし、目に見えぬ鬼神(おにがみ)を もあはれと思はせ、

 男女のなかをもやはらげ、猛きもののふの心をも慰むるは、歌なり

 (和歌というものは人の心をもとに、そこから千万の言葉を紡いでいるのだ。
 世の中の人は事件や仕事が多いものだから、心に思う事を何かを見たり聞いたりするにつけて歌にしてきたのだ。
 人だけでなく花に鳴く鶯の声、水に住むカエルの声を聞けばおよそ生あるものはみんな歌を歌ってきたのだ。
 力を入れなくても感動で天地を動かし、鬼神でさえ感動させる。
 男女のあいだもなごませ、荒れた武士のこころも慰めるのは和歌である。多香子拙訳)

仮名序はまだ延々と続くので、これを一番として二番三番を続ければなかなか良い教科書となるのではないかと思うのです。出来れば学校教育に取り入れてもらえば、何か聞いたことがあるなと耳に残ってくれるのではないかと期待したくなります。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ