2021/10/15

「毎日歌壇」掲載とたんぱく質制限  毎日歌壇他

10月4日付け「毎日歌壇」米川千嘉子選で掲載されました。この歌は9月1日に投稿したもので、その前の8月24日の病院での検査結果が良かったのでちょっと浮かれて「お寿司」を食べようと詠んだものです。

腎臓の数値がいいからお寿司だと夫の魚を量りにかける          河野多香子

「お寿司」と言ってもチェーンの回転寿司でもなく、専門店の高級握りでもありません。腎臓の機能が落ちている数値が、少し上向いたと言うだけで、医師も上下はあってもこの線を守っていればまあいいでしょう(もともと心臓で受診しているので)ということでたんぱく質制限をつけているのです。私としては何としても透析にはならないようにという気持ちです。

たんぱく質は体を作る栄養素だからまるで取らなかったら大変です。(それ以上にお米にも小麦にも芋、豆にもたんぱく質は含まれています)だから普通の人が一日60gのたんぱく質をとるとすると、腎臓病の人は(数字や体格によってちがうけれど)40gと考えて、家では家族一緒の献立で、主人の分が朝、昼10g夜は20gの目安で一週間の献立をきめています。この制限食で足りないカロリーは「油、砂糖」で取るため、よく言われる「体によい」食べ物とは逆なことが多いです。ことに魚は食べる部分がほぼたんぱく質なので、ネタが身のお寿司は一番少なくしか取れません。だから量りにかけて、このくらいと量を決めてしまいます。

たんぱく質はどの食品でも同じで、鶏肉も豚も牛も、大豆もお芋もこっちがいいということはありません。100gあたりとれだけたんぱく質を含むかという違いなのです。(質の良いタンパクということはあるみたいですが)ダイエッとをしている人など、お肉より魚と言いますが、脂身のは入った肉のほうが使いやすいです。献立は「好きな物」の中から食べられるものを選んで組み立てることが大切カナと思っています。
3

2021/9/10

「東京歌壇」掲載  毎日歌壇他

パラリンピックもどうやら無事に済んで、突然の雨模様の気候も猛暑が危ぶまれていた分よかったのでしょう。これからのコロナ対策で空いた施設をうまく利用して、臨時病院や療養所にあて、初期の患者用の飲み薬が承認されたり、使用されるようになることを切に願っています。(そうはいかないのかなあ」

9月5日付「東京新聞歌壇」佐々木幸綱選で一首掲載されました。東京歌壇は佐佐木さんと東直子さんのお二人が選者ですが、ツイッターなどでおなじみの若い方たちが多く、なかなかの激戦区と聞いています。私も去年11月に佐佐木さん、12月に東さんに取られた時は割と早くにデビューできたと思いましたが、その後は全然かからず、この佐佐木さんの選でようやく二度目です。幸綱さんは「心の花」の主宰だし、朝日歌壇の選者でもあるので大家ですが、東さんは若い方に信捧者が多く、東さんの選に取られると、舞を舞ったり号泣したりととても人気の歌人さんですね。

夕顔のほの白らみゆくベランダに今年も花火の音は聞こえず    河野多香子

これは8月9日に出したので選歌は大体一か月のようです。地元紙として親しめる場所で有ったらと思って始めた投稿でしたが、全国紙と変わらぬ厳しい場所なのは辛いところです。「東京新聞」という割と暴れん坊の論陣の新聞には頑張って貰いたいなと(日曜に買うだけでは何にもならないけれど)投稿を続けています。佐佐木様ありがとうございました。
7

2021/8/27

日大の受診日と「読売歌壇」掲載  毎日歌壇他

コロナは爆発という感染状況で、せっかくワクチン接種は二回したのに安心していられない医療崩壊を迎えています。8月24日主人の日大の受診日で二人で行ってきました。六月までの主治医が退職になって木曜から火曜日の新しい医師に代わるので、なんとなく緊張するようなところもありましたが、話のしやすい気さくな人柄の医師で良かったと思いました。腎臓は悪くならなければ良いのだという事で、検査結果も下がらずに良かったです。
今は「何もしない」のも「コロナだから」と言えるので(もう何もしたくない私たちには)助かっています。でも、若い人が自宅療養と言われて苦しんでいるのは嫌だし、コロナ用ベッドを出せと他の病気を診ている病院に脅しをかける政治はもっと嫌。帰り道神社の塀に萩がちらほらと咲き始めていました。

           &&&&&&&&&&&&&&&&

8月23日付「読売歌壇」黒瀬珂瀾選で掲載されました。読売歌壇は1年近く採られなかったし、黒瀬さんは初めての掲載なのでとても嬉しいです。

雨音を聞きつつ眠る八月も八大龍王は雨降らすだけ   河野多香子

ふり返れば毎年のように水害があるのだけど、今年の長雨による被害はことに凄かったような気がしました。「八大龍王雨やめたまへ」と昔の歌にあるように民衆が祈る間もないほどの豪雨で短時間に川があふれるなど(私の居るところは水害の心配はないのですが)ニュース画面に怖い思いをしました。黒瀬様ありがとうございました。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ