たけふ歩こう会交流サイト
ご案内
 『たけふ歩こう会』は2004年の4月に発足して、今年で17年目になります。
 『ゆっくり のんびり 楽しく みんなで歩こう』をモットーにウオーキングしています。
 ただいま、会員募集中です。越前市民以外の方でもご入会いただけます。
会費は、年会費(4月1日〜3月31日)\2,000.-(ただし家族会員は\1,000.-)
入会費\1,000.-(ただし家族会員も\1,000.-年度途中入会の場合(10月以降の入会)年会費\1,000.- 入会費\1,000.-
 ご入会ご希望の方は、以下のアドレスまでメールください。入会に関して、詳細項目をご連絡させていただきます。
   メールアドレス:y.fukuokadagmail.com (たけふ歩こう会事務局)
      (メールアドレス中のは半角の@に置き換えてください。)  

ご意見等投稿の仕方:このブログへご意見等投稿ください。 『掲示板』をダブルクリックすると投稿画面が出ますので、お名前など投稿内容を入力後『投稿』をクリックください。『掲示板』の一番上に、記載されます。 または、メッセージBOXへ投稿頂ければ、管理人で随時UPLOADします。写真等掲載頂くことも可能です。 尚『メール』はご自分のメールアドレスを記入ください。公開はされません。 写真等は、管理人の方で掲載します。 ご不明な点は、y.fukuokada■gmail.comへご連絡ください。(メールアドレス中の■は半角の@に置き換えてください。)  

2019/11/21  16:48

結いの故郷越前おおの小京都を歩く道ウオークのご報告  

結いの故郷越前おおの小京都を歩く道ウオークの報告です。

ウオーク概況:令和元年11月17日(日) 参加者32名 距離:6km

ウオークコース:JR越前大野駅⇒武家屋敷内山家⇒越前大野城⇒平成大野屋ハイから茶屋⇒御清水⇒朝倉義景公墓所⇒大野市役所広場⇒七間通り散策⇒JR越前大野駅

前日の雨もやみ、 晴れ間が見える朝が来た。 列車が北大野に近づくと霧の間から天空の城大野城が現れた。
10時05分越前大野駅着。
ここで思いがけなく、越前そばの無料券が手渡された。 関西文化の日とかで大野市も協賛していたのだ。
手打ちそばの実演・販売は市役所広場とのこと、 頭の中はそば祭りでいっばいになり、 多少のコース変更はやむなしの気持ちになってしまった。
準備体操の後、出発。六間通りを経由して武家屋敷旧内山家(国の登録有形文化財)を見学。 ここはおおの文化の日ということで見学無料であった。
同じ武家屋敷旧田村家の前を通り、大野城の北登り口に到着。
大野市街の西方に位置する亀山(標高約250メートル) の頂上に越前大野城はある。周囲の平地から標高差75メートルほどの山頂だが、一寸息が弾む。それでも20分ほどで城に到着。ここも入館は無料。
展望室からは大野市街が一望され、 周囲の紅葉の山々も間近に見えた。
日本百名山の荒島岳を大野の人はこんな近くで毎日仰ぎ見ていたのかといまさら感じた。
越前大野城は年天正4年 (1576) 織田信長の臣下であった金森長近が築城を始めたと伝えられる。
同時に碁盤目状の街路をもっ城下町づくりも始めたといわれる。
金森長近は天正14年(1586)飛騨(岐阜)の高山に移り、高山の街づくりをした。
この長近さんは実は越前市とも縁のある人なのである。
越前市白崎町の国道8号線の東側の脇に 「白崎城址」 の石標が立つているが、 国道をはさんで西l00 b地点に 「金森家之碑」 がある。
ここは江戸時代、 金森左京家の陣屋があった所である。
越前の金森左京家の始祖は金森長近の孫重勝である。
左京家4代目の金森可英が越前国へ赴任したという。
大野はといえば、 江戸時代の天和2年 (l682) に土井利房が大野藩主として赴任してから城下町の配置が完成されたという。
大野城は安永4年の大野大火で本丸など消失し、 その後再建されたが、 明治6年の 「廃城令」 で取り壊された。
現在の天守閣は昭和43年に推定復元されたものである。
天守閣からは南登り口へ下る。
大手門の手前で左に折れ柳神社(柳廼社)の境内に出る。
祭神は大野藩7代藩主土井利忠である。
山間の小藩の名を全国に知らしめた名君といわれる。 境内にはその銅像も建つている。
神社の鳥居を出て右折し御清水へ行く。
かって 「名水百選」 に選定された清水も今は水が涸れ、見る影も無い。
くみ上げすぎるとこうなるのか。
御清水を少し南へ下ると朝倉義景墓所がある。
「大野になぜ朝倉の墓が」のつぶやきが聞こえた。
天正元年(1573)織田信長が越前国に攻め入り、 敗れた朝倉義景は一乗谷から大野へ逃げ、 そこで自害したといわれている。
この墓は江戸時代の寛政12年(1800)建立したものを、義景の自害した六坊賢勝寺跡と伝えられる現在地に文政5年 (1822) に移したものだといわれている。
11時すぎに、 期待の市役所広場に到着。
市内のそば打ち同好会やそば店が店を開いている。
どの店も長蛇の列、 しかし、 長時間待つてロにした大野の十割そばは、こしが堅く絶品だった。 待ってよかった。
12時頃集合し、 七間通りへ向かう。
「もっこ」 (奥越の方言で 「変わり者」 の意) というお店の前でいったん解散し、自由行動とした。
お土産を買う人や喫茶店に入る人、なかには南部酒造の銘酒「花垣」の試飲を楽しんだ人もいたようだ。
大野名物の「いも金つば」のお店には 「完売」 のはり札が見られたが、 “たけふ歩こう”会員のせいではあるまいと。
1時半に集合し越前大野駅に向かう。
午後2時ごろ到着。歩行距離約6キロ。健脚の人には物足りなかったかな。
令和元年最後の行事、皆さん如何でしたか。 (文責和田)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ