『時代は大きく変わっていきます。これからの町づくりは町民一人ひとりが主役
人と地域の絆を大切にして誇れる町を一緒につくっていきましょう』
その一環としてブログを開設いたしました!
町民のみなさまの声をもっと身近に感じたい!
素顔の私をもっとみなさまに知っていただきたい!
そしてみなさまと一緒に新しい南伊勢町を創っていきたい!
これから町政のこと、私のプライベートなことなどを 『小山たくみゴコロ』に色々綴っていきたいと思っています
どうぞお楽しみに…
(小山たくみ&たくみサポーターA&K)

2012/4/22

防災講演会  

4月21日(土)
午後から町民文化会館で防災講演会が開催されました。
タイトルは「地震・津波がやってくる!さて、どうする?」サブタイトルは「私たち一人ひとりが、防災について考える集い」として、町内のNPO法人が企画し、区長連絡協議会、町と共催となりました。
講演会は、@町内地区に安政地震・津波の経験を後世に伝えようと古文書や音頭になっているものを基にした創作紙芝居、A町防災担当職員による3.11の南伊勢町災害対策にかかわる町役場の行動、町民の行動等からの反省を踏まえた講演、B三重大学で地震防災等の研究をしておられる先生による講演等でした。
そして、ロビーでは3.11の写真、耐震診断相談会、無料家具取付の申し込み、防災グッズの展示等が多彩に行われました。民間団体の発想による防災講演会で、役所にはない工夫がされていたように思います。
南伊勢町は熊野灘に面した海岸線の長い町で、東海地震、東南海・南海地震や津波の脅威を大きく感じる町です。それだけに町民のみなさんの関心は高く、防災講演会には多くの方々が参加してくれます。
今後も、さらに一層、巨大地震・津波災害への備え・対応を、町民のみなさん一人ひとりが自分はそれまでに、また、その時にどうするかを考え、準備していくようにしなければなりません。


1

2012/4/20

3回目の町政説明会  

4月19日
今年も町政説明会の時期となり、本日、4月19日から7月の下旬までの間に38地区の集会所等で開催させていただく予定としています。
初日の今日は、午後1時から新桑竈で、そして、3時から棚橋竈で開催し、町政、地区の課題等について多くのご意見などをいただきました。
一昨年は主に町の財政状況や平成22年度の主要取組事業について、昨年は新しい総合計画や平成23年度の主要事業についての説明と東北大震災の被災地視察報告、意見交換などでした。
今年、平成24年度は、今年度の主要事業とともに、昨年度に官民を問わず取り組まれた町内での新しい出来事、今までになかったような取組みをご紹介させていただくことにしました。24年度からは、新しい総合計画で、町民と役場が一緒になって「安全・安心を実現し、希望をもち誇れる南伊勢町」をつくっていくことをめざしていますので、町民のみなさんが、自分からまちづくりをしている実感、ともにまちづくりを担っている実感、まちづくりに貢献している実感など、町民が実感できるまちづくりを進めて行くこととしています。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ