2012/9/30

高月会場へ  アート

 JR長浜駅から1時間に1本しかない電車に乗って、北陸本線3駅目の高月駅で下車。車両は少なく、下車するときには扉横のボタンを押さなければならなかったので、ちょっと焦った。

 高月駅は僻地にもかかわらず、かなりキレイだった。駅を出た道路も。渡岸寺の国宝・十一面観音というナンバーワンの観音様がいらっしゃる場所だから。もっとも30年前はもっと寂れた場所で、どうしようかと思うくらいだった。

 整備されているけど、いかにも観光地のお土産屋さんらしいお店はほぼなく、のどか。あくまでのどかだ。なんだか空気感としては、奈良によく似ている。

クリックすると元のサイズで表示します

 石のみちしるべ。近年作の観光用かも。

クリックすると元のサイズで表示します

 ナンバーワンの観音さまがいらっしゃる観音堂の前は、今は素通り。また後ほど。

クリックすると元のサイズで表示します

 足元にはこんなプレートが埋め込まれていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 注連縄をつけられたケヤキの木。「高月」という地名の由来になった木だけど、平安時代の歌人、大江匡房がここを月の名所としたことから「高槻(槻はケヤキの古名)」を「高月」にしたのだとか。今日は十五夜なのに、この台風じゃなあ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

 道の両側を流れる水が、とてもキレイだった。きれいな水が流れる町はいい。

クリックすると元のサイズで表示します

 今年初めてみた彼岸花。例年よりやや遅い。

クリックすると元のサイズで表示します

 着きました。「高月観音の里 歴史民俗資料館」だ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 昔のポンプ車もありました。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ