2013/1/19

下山、弁天。  おでかけ

 14時半のケーブルに乗るため、延暦寺を後にする。

クリックすると元のサイズで表示します

 大津のまちと琵琶湖を見下ろす絶景だ。

ケーブル乗り場に着くと、20分ほど待ち時間があったので、周辺を見回すと鳥居と狛犬が。ということは、神社があるのかな?

クリックすると元のサイズで表示します

 うら寂しい山道に通じる石の鳥居。

クリックすると元のサイズで表示します

 弁財天さまだ! 巳年にはうってつけの神様だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 狛犬さんも。それにしても、この狛犬さんの迫力よ!

クリックすると元のサイズで表示します

 口のまわりを赤く着色してあり、ずらりとならぶ歯はなんと金色! 狛犬というより、歯のとがった獅子舞!

クリックすると元のサイズで表示します

 狛犬の台には、弁天様をお祀りしている証に、ちゃんと蛇と珠の意匠が。ただしH氏は「蛇と桃」と言っていたが。

 帰宅後の調べによれば、この鳥居は千日回峰行の拠点である無動寺谷に続いている。不動明王をまつる明王堂、本坊の法曼院、親鸞聖人修行の中心地であり千日回峯行中の僧房・大乗院、そして弁財天が無動寺谷には、あるのだ。

 時間があればお参りしたかったが、片道700mではとうてい無理だ。鳥居の間を拝んどこう。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ