2013/2/21

お代官様、お許しを〜!  テレビ/ラジオ

 昨夜は「歴史秘話ヒストリア」の流れで、つい『探検バクモン』を続けて少し見てしまった。爆笑問題の二人が、東京国立博物館を探検するという回である。保存と展示を両立させるハイテクな業のかずかずに感心。

 ここでの目玉は古代エジプトのミイラ。ハイテクな保存法とは別の視点で、ミイラ話題で盛り上がってしまう母娘。

「お代官様が来て、『くるしゅうない、近う寄れ』とかミイラにいって、包帯をくるくるくる〜って」

「で、ミイラが『あれ〜、お代官様、なんてご無体な〜! どうかお許しください〜!』ってくるくる回って」

「包帯ほどけたら、なんとスケルトン! ハダカすぎるやろ〜!!」

 ミイラが一段落したら、母娘は、それぞれに解散。

 ところで、わが町、野洲市は銅鐸の町である。ゆるキャラだって銅鐸の形の着ぐるみをした、まんまなネーミングの「どうたくくん」だ。この地で日本最大のものを含む多数の銅鐸が出土したのを記念し、20年ほど前には「銅鐸博物館」も作られた。

 しかし、「日本最大の銅鐸」は、現在、東京国立博物館に拉致されている。

 ついでにいうと、滋賀県大津市で明治時代に発見された日本最大の隕石「田上隕石」は国立科学博物館に拉致されている。ロシアの隕石落下の報道以降、隕石人気に火がついたらしく、博物館玄関の「田上隕石」は大人気らしい。

 日本最大の地方のモノたちは、「東京へ、東京へ」と草木とともになびいていってしまうらしい。ちょっと残念な気もする。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ