2013/2/25

海を見に行く。  

 今日は払い込みで奔走したけど、それ以外は買物にも行かず、誰にも会わずという1日だった。おでんを作って、現在ストーブの上で煮込み中。 

 帰宅したH氏が中島みゆきをかけている。以前よく聞いた「時刻表」という好きな曲が流れてきた。この歌には「今夜じゅうに行ってこれる海はどこだろう」というフレーズがある。

 独身の頃は、日帰りで海を見に行くなら、神戸、伊勢、敦賀だった。もしかしたら明石とか丹後半島とか、小浜とかも可能かもしれない。若い時には、メランコリックな気分になると、そういえば海に行ったような気がする。それでどうしたということもないんだけど。

 でも凹んでいるときには、むしろ美術館や博物館に行った方が、新たな発見や心慰められるものを見られたり、お寺で仏像に対峙して心の扉が開かれることもあるので、なんで海なのかとも思うのだけど。青春時代の定番の感傷にすぎないのか?

 そう、ここから海を見に行くといえば、神戸、伊勢、敦賀。

 神戸に行ったら、おしゃれな街で素敵なレストランや喫茶店に入って、海を見る。

 伊勢はもちろん鳥羽の水族館! 

 敦賀は? 駅を出たらすぐ近くに松原があり、海があった。でも駅前に小便小僧がいたことくらいしかおぼえていないなあ。

 いや、イギリスの旗を掲げたおしゃれな喫茶店とかもあったっけ。骨董店なんかもあったかもしれない。敦賀の海は、なんだか感傷にひたるという感じではなかったような。なんでか?

 きっと敦賀の海は海水浴向きで、神戸と鳥羽は港や船があったから、喫茶店の窓から臨むにはちょうどいい感じだったのだろう、もちろんソーダ水を飲みながらね。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ