2013/9/22

ブックカバー萌え  イベント

「架空の本屋さんの、架空のブックカバー」の展覧会も同じロフトの同じフロアで開催中。もちろんこちらも楽しみにしていた。題して「約100人のBOOKCOVER展」

 具体的にどういうものかといえば、プロ・アマを問わず、老若男女約100人が「こんな本屋さんがあって、そこで本を買ったら、こんなブックカバーで本を包んで渡してくれるのでは(もしくは、渡してくれたらいいなあ)」という思いでデザインされたペーパーブックカバーの展覧会。これは壮観でした。

 印刷は味のあるレトロ印刷で、5枚なんぼで購入できる。(500円くらいだったかな) 

 もちろん購入しましたよ。(写真はカバーの一部です)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

購入出来る物は他にもあって、関西の古書店が、一軒につきカラーボックス4段くらいのスペースで古本棚を作った即売もあるのだ。くーっ、これってカモがネギしょってやってくるようなもんじゃない? まんまと散財させるよう仕組まれてるのだ。いや、うれしいんだけどさ、こういうとこで散財するの。

 ほんの2、3日前に、たまたま大好きな宮田珠己さんのWEB上でのインタビュー記事をみつけて読んだ。そしたら彼が「中野美代子さんの本が好き」とおっしゃっていた。ちゃっかりここで見つけてしまいましたがな〜。もしかすると買え!という天の声なのか? ということで、『奇景の図像学』、あっさり買っちゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します

 『京都カフェ案内』はレトロな色合いの写真がたっぷり。もしかしたらいまはなきカフェもいくつもあるだろうけど、あえて買う。とりわけ現役の老舗カフェ『ソワレ』特有のブルーの店内写真がたくさんあり、どれも幻想的で美しい。

 森田たまさんの本『今昔』は、職場の棚で背表紙みて読みたいな・・・と思っていたのを思い出したから。

 という風に、このイベントだけでも、ずいぶんおなかいっぱいになりますよ。こちらも10月8日まで。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ