2013/9/30

御香宮神社へのオン・ザ・ロード  建築

 「魚三楼」さんより、徒歩で後香宮(ごこうぐう)神社へ向かう。途中「近鉄桃山御陵前」の駅に遭遇する。

クリックすると元のサイズで表示します

 この雑然さのすぐ近くに聖域があるなんて、京都はやっぱり面白い。

 そしてさすがは酒処、水処である、「名水めぐり」の大きな地図が。

クリックすると元のサイズで表示します

 おまけにこの辺りは、歴史的にも興味深い場所なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 道を隔てて敵味方が、それぞれに陣を構えていたなんて。これが近代日本の幕開けだなんて。近すぎて可笑しすぎるぞ。
 
 ほどなく、車道にまたがる後香宮神社の朱の大鳥居に接近するが、不思議なコラボを発見する。

クリックすると元のサイズで表示します

 鳥居と十字架のコラボ!?

 もう一度横手を見れば、石垣に乗った白壁の塀が続く内側に、和風建築。

クリックすると元のサイズで表示します

 でも、門は洋風でそのトップには十字架!?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 基督教会!

クリックすると元のサイズで表示します

 しかも幼稚園を併設している。わああ、斬新!

 京都新聞の記事「カテドラル京都16」によれば、

 桃山基督教会は1936年、奈良の宮大工が完成させた。当時の京都教区のニコルス監督が、隣の御香宮(ごこうぐう)神社と調和するよう神社風にした。
 建物は1階が桃山幼稚園のホール、2階が礼拝堂。聖堂の黄の窓ガラスは外光を黄金色に彩る。昭和初めの大阪ガラスという。天井はノアの箱舟の船底のよう。軒丸瓦には十字の紋が。


 写真で見ると、幼稚園の1F部分は改装されており、きれいで使い勝手がよさそうだが、2Fの礼拝堂と屋根の十字架の意匠は、創建当時のままだそうだ。どんなにええ仕事をするねん、宮大工さん!

 なるほど、隣の神社との調和を図るため、あえて木造和風建築になったのね。黄色の大阪ガラス、カッコ良すぎる! いや京都新聞に載っていた写真をみると、礼拝堂のすべてがカッコイイ! 

 そんな風に、ツアーと全く関係ない場所に、ひとり小ネタを見つけては萌えていたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

(そんなことをしてるから、わああ〜、遅れをとってしまった〜!)
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ