2013/10/31

金龍寺(高松御所)  神社仏閣/教会

 短いけれども急な石段をのぼり、息をきらせて金龍寺へ。両側の松が、いかにも木地師の祖神らしくほほえましい。

クリックすると元のサイズで表示します

 おそれおおくも、こんなやんごとなきお方が、こんなところにお住まい下さるとは!という、村人の思いが膨らんで行くのが目に見えるようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 そんな尊い方がお住まいなのだから、そこを高松「御所」、と呼ぶのは彼らにとっては当然なのだろう。どんなにか誇りにしたことだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 この簾が並ぶ様子は、デジャヴュだ〜・・・と思ったら、龍大ミュージアムの外観と似ていたからだった。
(↓こちらが龍大ミュージアム)

クリックすると元のサイズで表示します

 さて、次は復習。3日前に学習した神社仏閣建築のパーツの各呼称は?

クリックすると元のサイズで表示します

 「懸魚(けぎょ)」の上の六角形のが「六葉(ろくよう)」、真ん中の突起が「樽の口」。「樽の口」の周りの菊文様部分が「菊座」。「懸魚(けぎょ)」と「樽の口」以外はカンニングしたので、50点(汗)。

クリックすると元のサイズで表示します

 獅子は情けない顔だけど、花の彫刻は凝っている。底にも模様が彫り込まれている。

クリックすると元のサイズで表示します

 ハート模様の猪目(いのめ)がついた釘隠しか。そして「樽の口」と「菊座」もある。

クリックすると元のサイズで表示します

 山をバックにした鐘楼は、風景にばっちりハマる。

クリックすると元のサイズで表示します

 たぶん鐘を撞く音が、こんなに似合う場所は、そうそうないと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

 では、次のポイント、筒井神社と木地師資料館へ。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ