2014/3/14

城南宮で平安気分。お花編 2  神社仏閣/教会

 梅林を抜けると、落ち着いた椿の大木が続く。

クリックすると元のサイズで表示します

 小径と樹々を隔てる小柴垣と、落ち椿の取り合わせも風情がある。

クリックすると元のサイズで表示します

 根っこと苔と椿のコラボは幻想的。

クリックすると元のサイズで表示します

 薔薇のような豪華さだけど、どこか控えめなのは、やっぱり椿だから?

クリックすると元のサイズで表示します

 絞りもハデにならないのは、椿の品格か。

クリックすると元のサイズで表示します

 白椿の名前は「初嵐」。お天気の嵐より、アイドルの嵐を連想(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

 杯のような、夏の茶の湯の茶碗のようでもある。 

クリックすると元のサイズで表示します

 赤い薮椿の下には

クリックすると元のサイズで表示します

 源氏物語ゆかりの樹木の説明が、扇形の板に書かれている。これはもう、源氏ファンが泣いて喜ぶ庭である。

クリックすると元のサイズで表示します

 梅と椿に夢中なあまりよく判ってなかった私は、やっとこの辺で源氏物語の庭であることを認知したのだった(汗)
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ