2014/9/18

ガラスのマント  季節

 ガラスのマントを纏った風の又三郎がやってきたような、冷たい風の日だった。爽やかな秋の到来。

クリックすると元のサイズで表示します

 昨日までは晩夏らしく緑の実だったハナミズキが、今朝は一気に色づいている。

クリックすると元のサイズで表示します

 柿の葉っぱは、補色のグラデーションだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 空に向かうナツメの梢。以前は大木があったが、今はない。でもちゃあんと子孫を残していたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 小さい実だけど、半分茶色く熟れてくると食べられる。さくっとしたリンゴのような歯ごたえ。

クリックすると元のサイズで表示します

 去年は台風で、半分枝がポッキリ折れてしまった柘榴だったが、今年もこんなに実をつけた。笑ったようにパックリと割れると、ルビーのような深紅の実がぎっしりと見える。こうなると食べ頃。

クリックすると元のサイズで表示します

 カラスが遊びでずいぶん、ちいさな実を落としてしまった。これは幸運にも残った、貴重な柿の実。渋柿だけど。

クリックすると元のサイズで表示します

 こんな風に目に見えるような足取りで、秋がお目見え。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ