2014/11/27

ドラマ『信長協奏曲』  テレビ/ラジオ

 月曜のお楽しみは、フジテレビの「信長協奏曲」だ。いわゆる「月9」ドラマ。

 現代の高校生・サブローがタイムスリップして戦国時代に。そこで暗殺者から逃れたい織田信長が、自分とそっくりのサブローと入れ替わって・・・というタイムスリップものとそっくりさん入れ替わりものというストーリー。原作は人気マンガだ。

 ある意味、ベタっちゃベタなんだけど、どうにも目が離せない。どうかすると息を詰めて、真剣に見入っている。だって、役者さんたち、うますぎ。

 サブローと信長二役の小栗旬はいわずもがな、信長の妻・帰蝶役の柴咲コウのツンデレぶりが素晴らしい。プラス忠臣で乳兄弟の池田恒興役・向井理のピュアさに心を鷲掴みにされる。
 これだけでも十分な見応えだけど、山田孝之が謎の男・木下藤吉郎だし、徳川家康が濱田岳、故・斎藤道三は西田敏行、故.今川義元は生瀬勝久だ。このキャスティングを知れば、見ないわけにはいかなかった。信長の家臣、森可成がいい感じにコメディ部門を担当していて、演っているのは森下能幸という人。この人は大倉孝二さんとか有薗芳記さんのイメージとダブって来る。

 そしてダメ押しに主題歌が Mr.Childrenの「足音〜Be Strong」で、これがラストに流れると、ストーリーとの相乗効果で涙を禁じ得ない。ふとサビの部分で5秒ほど(ドラマではもう少し長いかも)途切れるんだけど、ここで謎の男、木下藤吉郎が登場し、不気味で不安な気持ちにさせるという、絶妙の効果をあげるのだ。

 たぶんこのドラマでは、「役者魂」に見入られてしまうのだと思う。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ