2015/2/13

空白の時間  神社仏閣/教会

 太夫さんを撮影したり、餅丸めを間近で見たりの混雑のあとは、ゼンザイを求めての折れ曲がる長蛇の列。もはやどこが最後尾かもわからないくらいで、私は何度も「ここが最後ですか?」と聞かれた。

 私は甘酒で満ち足りていたので、ゼンザイは他の人に譲ることにし、列には並ばなかった。次の「鬼法楽」(弓で四方に矢を入り、鬼に豆をぶつける)と護摩のご祈祷に備えての待機中だったのだ。でも次までは1時間以上の間がある。ゆっくりお昼ご飯を食べに行っても間に合いそうなくらいの時間を、寒空の下で立ちん坊。タチッパは、そういう仕事だったし、家でも長時間立っていることも多いので、苦にはならない(足、悪いのに!)。

 で、す〜っと人影まばらに。

クリックすると元のサイズで表示します

 ご祈祷の場は、石畳の中。浄化の炎を燃やす場所は、杉の葉で覆われている。昨年、伏見稲荷でいただいたのも「しるしの杉」だったし、至る所にあしらわれてある杉の葉は、やはり守護の力があるものなのか。

クリックすると元のサイズで表示します

 炎と煙を調整するバケツの水にも杉の枝が。

クリックすると元のサイズで表示します

 護摩木の下にも。

クリックすると元のサイズで表示します

 祭壇の向こうにある竜宮城のような門は、旧御陵正門。

クリックすると元のサイズで表示します

 護摩木を積んだ長机の下にも、たっぷりの杉の葉が。
 
クリックすると元のサイズで表示します

 リングサイドのロープのように綱が張りめぐらされ、守護の紙細工を付けた竹を立ててある。神聖なる空間が出現している。陰陽道の十二天将から来ているものだろうか? 朱雀は南の守護神で赤とか、青龍は東の守護神で青とか。
 これは本堂方向(南)の東にあったもの↓

クリックすると元のサイズで表示します

 こちらは本堂方向・西側。カタチは一緒だけど、色の組合わせが違って来る↓

クリックすると元のサイズで表示します

 私のすぐ横、北方向の東側↓

クリックすると元のサイズで表示します

 その下は同じく北の西側↓ ここからご一行様が入場される。

クリックすると元のサイズで表示します

 ご祈祷に使われるグッズも待機。松明もあります↓

クリックすると元のサイズで表示します

 祭壇のご本尊をズームすると、金の剣のバックに火焔が。お前立てみたいなものだろうか。それとも野外への持ち運び可能なご本尊としてあるものなのか。

クリックすると元のサイズで表示します

 梅の蕾も待機中だ。

クリックすると元のサイズで表示します
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ