2015/3/29

ハコは安藤忠雄作品  博物館

 自販機でチケット(500円)を購入し、係の方にパンフレットをいただき、お庭を歩く。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 後で知ったのだが、司馬さんは自然な感じの庭がお好きだったとかで、雑木林をイメージして安藤忠雄さんが作られたらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

 ミツバツツジとモクレン。

クリックすると元のサイズで表示します

 こちらがミツバツツジ。

クリックすると元のサイズで表示します

 こちらがモクレン。

クリックすると元のサイズで表示します

 お庭の横にある建物が書斎。

クリックすると元のサイズで表示します

 奥の別棟、コンクリートの建物が記念館になる。建築は安藤忠雄さん。入口までのエントランスが長い。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてやはり、菜の花が飾られている。この季節に間に合ってよかった。

クリックすると元のサイズで表示します

 だけど、このアールのコンクリートの壁面と反対側のガラス面の構成って、よく知っている記憶が・・・。ああ、滋賀県の日野町にある「ブルーメの丘美術館」がこんな構成だった。あれも安藤さんの作品だし。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ