2015/4/6

みちくさ三昧  お買い物

 こんな風に建築鑑賞をしつつ、ぶらぶら歩いたあげく、かわいい雑貨屋さんにふらふらと立ち寄ったら、もうそこは寺町通り。

 はるか昔に訪れたことがある、いかにも老舗の「桂月堂」さんを素通り出来ず、薄暗い店舗に入る。たっぷり洋酒に漬け込まれ、素朴だが丁寧に金紙に包まれたブランデーケーキ(スポンジ生地のみ)を買ったり。

クリックすると元のサイズで表示します

 この桂月堂さんは、明治13(1880)年創業の欧風菓子店。もともと御所に納める冠(!!)を作っていた家だけど、文明開化の波に押され、洋菓子店に転業したのだそう。それにしても、大きな転換の商売替えだ。一見、バターのようにも見えるが、包み紙をはがすとこんなかんじ↓

クリックすると元のサイズで表示します

 途中にあったハンコ屋さん「田丸印屋」の店頭に並べられた「ひとことハンコ」に夢中になり、思わず物色するも、あまりに面白いハンコがありすぎ、絞りきれずに敗退。私と同じく有名人が発するウィットに富んだ「ひとことハンコ」に足を止め、長期滞在するヒトも(笑)
 「ひとことハンコ」は、歴史上の人物や妖怪が、キャラに合致したひとことを発するというオモシロスタンプだ。

 個人的にはガガーリンが横目で「青いな」とつぶやくのとか、太宰治がほおづえつきながら「失格」と思い詰めているのが好き。シンプルな駄洒落だけど天草四郎が不機嫌そうに眉をしかめて「かってにしろう」というのもいいな。

 近くにある老舗の喫茶店「スマート珈琲店」の前は、平日なのに行列がついて大人気だ。昔はご近所のひとたちが集う憩いの場所だったのに、いつのまにか観光客に占拠されてしまったようだ。商売繁昌はめでたいのだが、幸福なのか不幸なのか迷うところ。

 ところで寺町に入ってまもなくのところにあったのが矢田寺。ご本尊は地蔵菩薩で、矢田地蔵として有名なお方らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

 開山された満慶上人が冥土にいったとき出会った、生身の地蔵尊のお姿を彫ったものと伝えられている。代受苦地蔵とも呼ばれ、地獄で亡者を救う地蔵として信仰を集めている。

クリックすると元のサイズで表示します

 かつて、れんくみさんと六道珍皇寺に行ったとき、お盆に先祖の霊を呼び戻す「迎え鐘」を撞いた事があるが、こちらには逆に死者の霊を迷わず冥土に送り出す「送り鐘」が、参拝所の横にあった。
 六道珍皇寺の「迎え鐘」と矢田寺の「送り鐘」。なんかセットが揃ったようで、ちょっとうれしい。

 さて、ついに、だれもが知るお寺、本能寺に到着した。言わずと知れた織田信長が明智光秀に打たれた場所である。

クリックすると元のサイズで表示します

 えっ? 本能寺って目的地だっけ? 

クリックすると元のサイズで表示します

 いえ、目的地ではないけれど、目的地の目印にした場所だ。本能寺の向かいに、目的地のD-MALLがあるから。

クリックすると元のサイズで表示します

 長い長いふりの後で、やっとメインがきました。「にっぽんの梅干し展」。

クリックすると元のサイズで表示します
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ