2015/4/18

釣られて寄り道  たべもの

 京阪三条から京阪七条まで移動し、京博に向かう。

 あとちょっとで京博、というところで、慶応元年(1865年)創業という京菓子の「甘春堂」の店先に陳列されたお菓子に釣られてしまった。

 というのも。

 あの「風神雷神」を象ったお干菓子があったのだ!

 本店に入るのは初めてだけど、躊躇無く。老舗にしてはオープンな店構えだし、お店の方も上品ながらフランクにお菓子についての説明や、以前のお客さんの声などを聴かせてくださった。

 なんでも今年はオール京都で、「淋派400年」を盛り上げようという企画が目白押しで、「甘春堂」さんは、「風神雷神」干菓子をオリジナルで作られたという。

 この近くには「養源院」もある、。小さいながらも、「血天井」と宗達が杉戸に描いた白象で有名なお寺だ。その白象の絵柄のお干菓子や煎餅もあった。ううむ、やるな。名前は甘春堂だが、甘くみてはいけない。

クリックすると元のサイズで表示します

風神雷神のお干菓子を買って帰り、有頂天でKちゃんにみせた。

 どうです、このクオリティ!

クリックすると元のサイズで表示します

「うん、おもろいな。・・・そやけど、ちょっとコワいな」と、相変わらずの小心者コメントだった。

 でもたしかに顔単体でみたら、『デスノート』の死神たちに似てなくもないかも・・・(汗) たしかに「神つながり」ではあるけど。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ