2009/9/7

読書におおわらわ 北海道フェア顛末記付き  読書

 今週は読書会ウィークなので、課題本の読了に向けて先週から必死。

 火曜日にひとつ、金曜日にひとつ。8月は夏休みだったので、その間になんとかすればいいものを、子どものように8月の下旬頃から、追い込まれてやっとスタート(汗)

 明日の会は常に仕事とダブる火曜日なので、今日のうちに感想を書いてファックスで送信(アナログ!)。良い小説だったのに、まだまだ未消化な感想で残念。課題本は川上弘美の『古道具 中野商店』。行間の深い恋愛小説だったので、かなり面白かったのだけれど、直裁な表現の恋愛小説しか認めてない方には、物足りないかもしれない。この小説の良さがわからないなんて、お気の毒。(つい、某作家さんを思い浮かべてしまって)

 金曜日には太宰治の『斜陽』が待ち構えていて、しかも私はこの小説は初読み。間に合うのか!?
 とはいえ、さっき5p読んでハマった。太宰治の女目線の小説って、好き〜。ただし、感想が表現出来るかどうかは別問題である。3日で読み切り、感想を抽出するべく覚悟をする。

* * * * * *

 今日のトピックス
 午前中は整骨院で肩こりマッサージをしてもらい、帰りに道をへだてたスーパーで買い物をした。所持金4千円。余裕で買い物出来る♪と思いきや、幸か不幸か「北海道フェア」開催中!

 地元限定品好き、お土産もの好き、おまけに目新しいものに目がない私にとっては、まさに好奇心が引き起こす蟻地獄状態! しかもアイスと飲み物は、「脳内買わなければならないリスト」に記載されているので、外せない。

 結局、今晩のおかず分を格安に抑え、今まで購入したことがなかった海鮮茶漬けの素とか、野菜を煮込んだソースとか、焼き肉用の塩たれなどを購入。なんとか所持金内で購入でき、しかもおつりは30円!!! 往年のテレビ番組、いとしこいしが司会をしていた『ガッチリ買いまショー』なら、優勝である。

 という喜びも醒めやらぬ夕方には、ふたたび自分を追いつめる地獄に突入! ナマのイワシを捌いてフライにする、水餃子を一からつくる、という安い食材につきものの長時間の下ごしらえに、万全でないカラダにむち打つのであった。マッサージ&お昼寝効果で、いくぶん肩こりは緩和はされたんだけどね。
 
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ