2010/1/27

願書提出日和!  おでかけ

 本日はKちゃんの私学高校の願書提出に、京都へ。第2志望なれど、気合いは入れている。

 いつもの「ペコちゃんダヌキ」に出会うのを愉しみにしていたのだが、節分ファッションとかは「無い」と判断されたのか、何のオプションも無く、普通のタヌキの置き物だったので、ちょっとがっかり。

 でもいつも今頃なら底冷えのする京都の冬が、ウソのように温かく、落葉樹の枝の間から見える空も晴れ渡って、雲も素敵な模様を描いていた。とても気持ちのいい陽気だったのだ。

 わざわざ滋賀県から願書提出に行ったのは、もしも書類に不備があった場合、速やかに修正できるから。それに最寄りの駅で最新の時刻表を貰うため。

 対応してくださった先生は、温厚かつフレンドリーに「お嬢さん、何度か学校に見えましたから、覚えていますよ!」と願書の顔写真を見ながら、にこやかに声をかけてくださった。
 彼女より私の方がオープンキャンパスから入試説明会までフルコース通ったから、学校に行った回数は多いんですよ〜! でも私は覚えてないんですか〜!? と野暮なことは言わずに、笑顔で「ありがとうございます」とお礼を言う。

 せっかく願書提出したのだから、合格祈願に行こうと北野天満宮まで大きく寄り道をした。京都駅からあんなに遠いのに、バス代が一律220円だなんて、なんてお得♡ 

 私が不案内な堀川通りがバスルートだったので、車窓の気色も珍しく楽しかった。
 有名な堀川高校(ビルディング!)や二条城、一条戻橋なんかも拝見出来た。老舗和菓子店「亀屋良長」のガラスケースを覗き込むファーの襟巻きをして道行きコートを着た和装のご婦人などは、いかにも京都らしい。職人気質らしき(たぶん)先祖代々からのお店が並んでいるのも、やはり京都だ。
 看板に横文字が並んでいるので「何のお店かな?」と、目を凝らすと水色の太い字で「UDON SOBA DONBURI」とある。二条城のあたりは海外からのお客さんも多いので、これだって京都ならではといえよう。

 で、北野天満宮で下車。道を隔ててはこんなかんじ。巨大な鳥居前に、まずは、タクシーがたむろしていたのに驚いた。

クリックすると元のサイズで表示します

 そして鳥居の足下を守る「狛犬」は、もはや「三越のライオン」が引っ越して来たのか!?というくらい、大きくて勇ましかった↓
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(画像をクリックすると拡大出来ます)

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ