2010/5/4

本日も晴天なりin長浜(後編)  おでかけ

 お昼ごはんを食べてお腹が落ち着いたので、観光客で賑わう北国街道をぶらぶら歩く。

 それにしても暑い! 下に半袖Tシャツを着ていたからよかったものの、ついこの前までの寒さがウソのような陽気である。昨日の天気予報の気温予想が25度だと言っていたので、それを信用して脱げる重ね着をしてきて、本当に助かった。

 編んだ「い草」でクッションをサンドした丸い座布団を発見し、H氏がPCするときの夏用座布団にちょうどいいと即決で購入。

 そのお店は老夫婦で店番をされていて、愛想も品もいいおばあちゃんが「それ、今日入ったばかりなんですよ♪」と、さもうれしそうに包んでくださった。おじいちゃんに「いくらにします?」と小声で相談されていたので「あ、それ、1050円って値札が書いてました」と思わず言いそうになったところを、「千円でええわ」とおじいちゃんの一声。値引きの相談だったらしい。素直にうれしい。

 お豆腐屋さんまでみちみち、年季の入った家などを眺めながら、ぶらぶらと歩く。
クリックすると元のサイズで表示します「このメリヤスっていう言葉自体、もう使わへんかもな」と、H氏がレトロな口ぶりでつぶやく。

 目的地のお豆腐屋さんで、お豆腐と厚揚げを買い、のんびりと駐車場に戻る。大きな松やイチョウの木を見上げると、和やかな気持ちになる。
 クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 帰りの車の中で、私は日頃の睡眠不足を解消するため、一気に眠りの世界へ。しかし、米原あたりでH氏に「おかーさん、祭りやで!」と声をかけられ、飛び起きる。

 小さな山車が運ばれていたり、犬も鉢巻きしていたり、祭り当事者が行列になって、ぞろぞろと歩いていた。その一部のみを採取することができた。
クリックすると元のサイズで表示します

 これはみうらじゅん師の著書『とんまつり』の中にもあった「鍋冠祭り」では?というのが、H氏の推測だったが、肝心の鍋を被っている幼女は見受けられなかった。
 でも、その日の深夜に写真を元にして米原観光協会のHPで調べてみたら、やはり5月3日は鍋冠の日だったし、写真は60〜70代男性の役割「鉾持」集団だったことも判明した。えらいぞH氏、大正解だ。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ