2011/3/26

新メンバー登場  ファミリー

 ときならぬ朝からの吹雪に、もうすぐ4月とは思えない一日。さすがに積もる事はないけれど、夜にはストーブをガンガン焚くことになった。

 お兄ちゃんのいない静かな日々が続いている。いや、お兄ちゃんはもともと静かなひとだけれど、やはりそれなりの存在感があったのだ。

 そんなさびしさがもたらしたのかどうなのか、我家に新メンバーがやってきた。彼をたぬき亭にご招待したのは、例のごとくお父さんことH氏。彼の存在を私はいつもの無頓着さによって最初スルーしてしまったのだが、さすがに目敏いKちゃんはすぐさま発見した。

 「お風呂はいるわ〜」と晩ご飯のあと、たぬき亭に行ったKちゃんが、脱兎のごとく戻ってきた。何事!?

 「たぬき亭に『おじいさんの古時計』がある〜!?」とKちゃんがH氏に問いかけるも、とぼけて知らぬ存ぜぬ顔のH氏だが、彼以外に誰が『おじいさん』を連れてくるのだ〜!!

 えぇ〜!? まった無駄遣いして〜!! とにかく、みてこ(見て来よう)、みてこ〜!と、たぬき亭に駆け込む私。

 ♪おおきなノッポの古時計 おじいさんの時計♪ がありました。もっとも、H氏によれば100年ものではなく、せいぜい50年足らずくらいの中古時計なのですが。おじいさんというよりも、中年というかおじさんというか。ワシも年取ったな〜、もう無理きかんな〜という年代のおじさんね。

 いやいや、なかなかたぬき亭になじんでいました。無駄遣いは撤回します。という言葉に気をよくしたH氏は、購入にいたるいきさつを、うれしそうに話してくれたのだけれど、それはまたいづれ。
クリックすると元のサイズで表示します
2

2011/3/26

心を慰めるもの  季節

 ニュースを見ては心沈むことの多いこの頃は、どうやって心慰めるかを意識しないではいられない。

 しかし、時は春。チューリップの葉があちこちに出てきて、ラッパ水仙が、アネモネが咲き始めた。昨年は見逃してしまったモクレンも蕾が付いてきたので、毎日チェックを怠らない。お寺や神社のそばを通れば、椿の赤い花がすずなりになっていたりする。こういうものを見かけると、いつのまにか心ほぐれている自分に気づいたりする。

 花だけではない。樹木の紅葉や桜が枝先を赤くし、葉や花の準備をしているのが見て取れる。春は刻々と時が流れ、冬の間途絶えてしまったかのような植物たちが、ふたたびの命を見せてくれるのだ。

 私たちは自然が恐ろしくて侮れないのを今回目の当たりにしたが、同時に力強く心慰められるものでもあるのだ。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ