2011/7/8

七夕の陰謀  季節

 昨日はせっかくロマンチックな七夕だったのに、無粋な記事を書いてすみませぬ。

 一年に一回しか逢瀬がないのに、この日が雨もしくは曇りだなんて、織姫彦星はかわいそうに、とずっと思っていた。七夕が晴れだった記憶が、私にはないのだ。そんなことはないだろうが、たまたま晴れていたときには、七夕自体に関心がなかったのだろう。

 調べてみたら、東京や大阪では10年に1回か2回しか天の川をみられないそうだ。

 ところが昨日、やっと気づいたのだ。雨や曇りが関係あるのは、地球のオーディエンスだけじゃん!ということに。織姫彦星のいる宇宙空間は雨も嵐も関係ない。まず雲がないもんな。
 それに彼らにしたって一年に一回しか逢えないのに、オーディエンスはシャットダウン願いたいだろう。

 7月7日にお天気が思わしくないのは、きっと織姫彦星の陰謀だ。

 それでも旧暦の七夕には晴れるそうだ。が、そうなると年に2回?逢えちゃうことになり、伝説のロマンチックさは半減だな。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ