2011/8/8

金沢のおうち、おみせ。  路上観察

 金沢は歩くのがいい。

 都会なのでビルも商業施設もデパートもあるのだけれど、兼六園や金沢城界隈から、ひがし茶屋街に向かうみちみちの「建物ウォッチング」は、不思議な雰囲気で楽しかった。

 クリックすると元のサイズで表示します
 これは一体なんだろう。微妙な古さ。分校の木造校舎のような、でも格子の入った窓があり、背の低いコンクリート塀には丸い穴があいている。

クリックすると元のサイズで表示します
 現役の魚屋さん。スパッと縦割りされたみたいに生き残っている建物っぽい。思わず応援したくなる。不思議なかっこよさ。

クリックすると元のサイズで表示します
 解体中のお店。店名が泣かせる。

クリックすると元のサイズで表示します
 金沢の有名窯元「大樋窯」の店構え。重厚な老舗。

クリックすると元のサイズで表示します
 金物店なので高級品でない日用品を扱っているんだけど、いかにも城下町の上品なお店。一階部分は、風雪に耐えたかっこ良さかも。

クリックすると元のサイズで表示します
 う〜ん、何のお店だったかなあ、和菓子? 和風建築で三階建てって、珍しい。

クリックすると元のサイズで表示します
 その隣の酒屋さん。二階の黒壁と窓の感じが粋過ぎる!!

クリックすると元のサイズで表示します
 マエを横切るおばあさんとマッチしすぎな、元「理髪店」。しびれました。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ