2012/8/28

過ぎ行く夏  季節

 8月に仏壇に備えるのは、例の派手に着色した蓮だの菊だののお干菓子だ。お盆だからと「前例に従った」のだ。あるいは「皆と同じに」無難にまとめたというか。「前例」って自分で作ったんだけどね。

 でも、のちのち食べる気にはならないし、安っぽいし、ホントはずっと好きではなかったのだ。

 今年は思い切って、老舗お菓子司「たねや」の「季節のお干菓子」にしてみた。

 クリックすると元のサイズで表示します

 水面と枝豆と金魚のお菓子。実は複雑な金魚より、シンプルな枝豆の方が、型作りに苦心されたのではないだろうか。水茎焼きの銘々皿には、たまたまだけど、うちの家紋である「桔梗」が描かれている。
 たべるのが勿体ないくらい、きれいな夏の風物詩だ。来年からも、これでいってみよう。

 口の中 金魚がとろけ 夏がゆく
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ