2013/9/16

野分けのあとで  季節

 滋賀県は災害の少ないところなのに、今回の台風の被害は恐るべきものだった。線路脇が崩れたり、駅前に水が溢れていたりで、現在電車が運転見合わせで不通になっているらしい。

 それでもお昼前には晴れ間が出て、夫婦で、というかほぼH氏が外回りを片付けた。

 我家では何本かの木が倒れたり折れたりした。もうしばらくで熟すだろう時期にきていたザクロも、半分へし折られた。ユーカリやオクラやヤツデが斜めに傾いだ。収穫物を入れるザルも転がって行った。植え付けの準備までできている耕された畝で、長靴の足がズブズブとはまって抜けなくなったので、H氏に助けてもらった。大量の雨で底なし沼と化したのだ。

 幸い、我家ではそれほどの被害は出ていない。でも田んぼは水浸しで、小川は濁流が溢れ出し、下水も溢れ出しているようだ。ラジオからは、下水使用のお控え(洗濯など)をお願いするお知らせが入ってくる。これほどの被害が出るなんて、めったにないことだ。すみやかに復旧できますように。
 
 また前進する台風が勢力を弱めて、なるべく被害を出しませんように。現在通過中のところにお住まいの方は、どうぞくれぐれもお気を付けください。雨も風も凄かったので。

 外回りをかたづけているとき、ふと目に入った光景。

クリックすると元のサイズで表示します

 ソテツの幹のスキマからソテツの葉をみたところ。台風一過の美しい緑。

クリックすると元のサイズで表示します

 あれだけの風にも負けず、実を落とさなかったカリン。

クリックすると元のサイズで表示します

 まだ熟しきっていない実をつけたまま倒壊したザクロ。

クリックすると元のサイズで表示します

 秋のたよりをひっそりと知らせるハナミズキの実。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ