2014/1/24

雪だるま、ファイナル  季節

 さて、波瀾万丈な人生(雪生?)を送っている、雪だるま氏のその後である。

 昨日は頭の部分が随分やせて、目も取れて地面にころがっていた。
 そのかたちをみたH氏は、「『W3』のカモみたいや! やっぱり宇宙人やったんや!」といい、私たち世代(昭和30年代生まれ)には懐かしい、まだ白黒時代のテレビアニメを思い出させてくれた。
 ちなみにここでの『W3』とは、手塚治虫のマンガを虫プロがテレビアニメにしたもので、戦争を繰り返す野蛮な地球人にあきれる宇宙人達が、地球を生かしておくべきか否か1年間調査するために派遣された宇宙人3人と人間との交流のSFである。地球での宇宙人は、ウサギ、カモ、馬に姿を変えているので、H氏はカモのブッコのことを言ったのだ。

 そして本日、いよいよやせ細ってきた雪だるま氏の姿は、ついにカモではなくなる。

クリックすると元のサイズで表示します

 かなり薄汚れてはいるが、これは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 白鳥!? 

 ラストが白鳥ということは、「みにくいあひるの子」だ。とりあえずは、めでたしめでたし、ということなのだろうか。

 こうしてベートーベンやクレーマーから始まった雪だるま氏の人(雪?)生は、アンデルセンで幕をおろしつつある。さまざまな物語を彷徨いながら、ブログ記事を4本も書かせてくれた雪だるま氏に感謝しつつ。

 さらば、また雪の日まで。 
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ