2014/2/23

のんびり下山。  神社仏閣/教会

 もと来た道を下山なので、とくに場所的には新しく書き加えることもないけれど。

 下山するときに、偶然、同じツアー参加者の年配のおじさんともご一緒することになった。
 さすがに仕事で似顔絵を描いてらっしゃるだけあり、れんくみさんは、彼が以前にも、小嶋先生のツアーで同行したことがあった方だと記憶してらした。すごい! 私は今日ご一緒した方でも忘れるのに! こうしてリタイア組は、のんびりと和やかに戻って行った。

クリックすると元のサイズで表示します

 うららかな日差しのなか、石段をみればケモノの足跡を発見したり、山の中で野良猫に遭遇したり。

クリックすると元のサイズで表示します

 奥社まで戻り、おじさんとはここでさよならした。もしかすると、また小嶋先生のツアーでご一緒できるかも。

クリックすると元のサイズで表示します

 またしても、れんくみさんと「笑う絵馬鑑賞」↑
 
クリックすると元のサイズで表示します

 奥社の授与品売り場で、伏見稲荷グッズを物色。結局絵馬を購入する。持って帰って、部屋に下げておこう。

クリックすると元のサイズで表示します

 千本鳥居の入口まで戻る。

クリックすると元のサイズで表示します

 きつねさんたちが、お見送りしてくれる。

クリックすると元のサイズで表示します

 着物姿のおねえさんたちが、お山巡りにチャレンジ!? 奥社までならまだしも、それ以上は、着物では大変(汗) 「それ以上」は、まさかね。

クリックすると元のサイズで表示します

 色んな場所に設置された、伏見稲荷の案内図を見る。んん〜、四つ辻まででも、道半ばより少なかったのかも。いつかリベンジなるか!? 伏見稲荷の商店街も、ゆっくり回ってみたいし。

クリックすると元のサイズで表示します

 御朱印は集めないから立ち寄らなかったけど、すげービルだな。

クリックすると元のサイズで表示します

 やっぱり「商売繁昌」の元締めだもん、いかに霊験あらたかか、わかろうというものだ。平安時代の有力者だって詣でてるんだもんね。就職先としては、盤石だ。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ