2014/5/21

階段がいざなう場所は  博物館

 2階へは切れた大きな数珠のようにぶら下がったものに少し頼りながら、階段箪笥をあがる。1本しか無いのに、ちょうど必要な位置から下がっていて、その1本で事足りるのに感心する。

クリックすると元のサイズで表示します

 上がりきった場所からみると、

クリックすると元のサイズで表示します

 真ん中に四角い吹抜けが! 家の中の明るさは、こんなところからも。

クリックすると元のサイズで表示します

 道路に面した小部屋は質素で薄暗い。

クリックすると元のサイズで表示します

 土壁のちいさな床の間には、花が生けられていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 丸いテーブルも、わずかな装飾が生きている。

クリックすると元のサイズで表示します

 どことなく、韓国風?

クリックすると元のサイズで表示します

 火災報知機が、多少残念なことになっているが、致し方ない。

クリックすると元のサイズで表示します

 ここで私は書斎へ、ほかのふたりは中庭に面した明るいお座敷(居間)へ。
(こちらの突き当たりが、居間です↓)
 
クリックすると元のサイズで表示します

 重厚な収納棚になっている壁際を眺めつつ、黒光りする床を踏んで書斎に。

クリックすると元のサイズで表示します

 いいなあ、壁面に作り付けの木工収納棚。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ