2014/5/22

だれもがくつろぐ場所。  博物館

 書斎には、河井寛次郎氏が使った椅子と机がそのままあり、

クリックすると元のサイズで表示します

氏になりきって、机に向かいぼおっとしてみる。

クリックすると元のサイズで表示します

 この机であくせく受験勉強とかしたくないな。そういう机じゃないみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

 その隣には、こんなあたたかで重厚なセットが。臼をリサイクルしたようなシンプルなテーブル面は、書き物をしたり物を置いたりするのに不都合がないよう、凹みやキズのある部分には、金属(真鍮?)が流し込まれてなめらかに。

クリックすると元のサイズで表示します

 窓からの光が明るい。奥の写真は河井寛次郎さん。

クリックすると元のサイズで表示します

 しっかり書斎でくつろいでから、居間にいるふたりと合流するべく、足をふみいれてびっくり。

クリックすると元のサイズで表示します

 まるで夏休みに田舎の親戚の家に遊びに来た小学生の少女のように、ふたりそろって、くつろぎまくっていたからだ。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、それこそが、河井寛次郎記念館なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ